columnコラム

いつものコーデに赤を投入してレディなコーデ

いつものコーデに“赤”を投入するだけ。今季こそレディな着こなしを愉しんで

Twitter
LINEで送る

いつもは白黒グレーの無難なモノトーンでコーデをまとめてしまいがちという方は少なくないかも。でも、今季は思い切って“赤”を1点投入して印象UPを狙うのも手。シンプルなスタイルでもどこかオシャレ感がUPして、いつもと違う女っぽいこなれたコーデを愉しめます。

 

 

 

|初心者は“小物から取り入れる”からスタートしてみて

 

今まで赤をコーディネートに取り入れたことがない方は、小物から入れば抵抗なく取り入れられるでしょう。

 

出典:WEAR

 

例えばシューズを赤に代えるだけで、いつものコーデの差し色になり、ちょっと物足りなさを感じたときでも華やかさをプラスしてくれます。バレエシューズタイプならカジュアルからキレイめまで幅広いコーディネートとも相性抜群なので、トライしやすいでしょう。

 

 

 

肌寒いときにスッと羽織れるストールも赤を取り入れるのにオススメのアイテム。

 

出典:WEAR

 

トレンドのチェック柄も赤ベースをチョイスして差し色にしてみましょう。チェック柄なら派手な印象になり過ぎず使い回しも効くのでトライしやすいですよ。

 

 

 

|トップスを赤にチェンジしていつものコーデをアップデート

 

トップスに赤を投入するだけで、いつものコーディネートに新鮮さが増し、いっきに今感が増します。

 

出典:WEAR

 

いつものデニムスタイルも赤ニットを合わせれば一気に旬顔に。デニムに似合うこなれたデザインのニットを選ぶのが似合わせのポイントです。例えばカシュクールタイプなどのVネックデザインを選べば、デコルテがキレイに見えるので、女っぽい新鮮なデニムスタイルが愉しめますよ。

 

 

 

ナチュラルな赤を愉しみたい場合は、コットンなどの柔らかな素材のトップスを選ぶのがポイントです

 

出典:WEAR

 

パキッとした赤ではなく朱色のような優しい雰囲気になるので、赤の面積が広めのワンピースや羽織りでも抵抗なく着こなせますよ。

 

 

 

|スカートで思いっきりレディに

 

思い切ってスカートに赤を投入すれば、レディでモチベーションが上がるコーデを愉しめます。

 

出典:ZOZOTOWN

 

レディな気分を盛り上げてくれる赤スカートは、ライダースジャケットと合わせて辛口に仕上げることで大人っぽく着こなせます。ミディアム丈のフレアスカートなら甘さをおさえて上品に履けるので、赤でもトライしやすいですよ。

 

 

 

コンサバになりがちなタイトスカートも、カジュアル感のあるコーデュロイ素材を選べば強すぎない女っぽさが演出できます。

 

出典:WEAR

 

素材感で赤もやわらかい印象になりクラシカルで秋らしいコーディネートが完成できますよ。

 

 

 

いつもコーデの色味が同じだとコーデもマンネリになりがちですが、赤を1点投入するだけでレディで新鮮なスタイルが愉しめます。ぜひ自分に似合う赤を今季こそ見つけてみてくださいね。

 

 

text:Hiromi Anzai top image:ZOZOTOWN


border