columnコラム

いま狙うべき冬まで着回せる2019秋ワンピ

出典:WEAR

着るだけで洒落感パッと高まる。いま狙うべき冬まで着回せる【秋ワンピ】特集

Twitter
LINEで送る

長い夏が終わったと思ったら、一足飛びに冬がやってくるような気候がここ数年続いていますが、その分秋が短く、折角買った秋服の出番は少なく終わってしまうことも少なくないはず。だからこそ、いま買い足すならコーデが1枚で完結して冬まで着回せるワンピースがオススメです。それでは秋冬トレンドが詰まった狙い目の秋ワンピを早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|秋冬カラーのワントーンコーデが旬をキープ

 

「いくらトレンドとは言え、こんな色どうやって着よう…」なんて迷ってしまうようなカラーこそ、ワンピースを使いつつ全体のカラーをワントーンでまとめるだけで簡単にコーデが仕上がります。

 

出典:WEAR

 

まずは今シーズン注目の“くすみパープル”。秋らしく、足元とバッグはブラウン系でまとめると寒色がメインのコーデでも寒々しい印象になりません。一方、「地味にはなりたくないけど目立ち過ぎるのはイヤ…」「ちょっとドラマチックな雰囲気にキメたい」という方には“ボルドー”がオススメ。

 

出典:WEAR

 

黒、ベージュ、ネイビー、茶色などのベーシックカラーと相性が良い色なので、手持ちのアイテムとも合わせやすいのが魅力です。もちろん、昨シーズンから人気のベージュのワントーンコーデも引き続き注目を集めています。

 

出典:WEAR

 

夏と差別化するためには秋冬らしいアイテムを投入するのが鍵。INのニットをトレンドカラーのくすみグリーンにしたり、シューズをスウェード素材にしてみてください。なお、ベージュを苦手に感じるなら、ほんのりピンクがかったベージュを選ぶとトライしやすいはずです。

 

 

 

|秋冬めいた柄ワンピでトレンド感UP

 

秋冬めいた柄ワンピも季節感の高まる1着。秋ということで特に気になるのがチェック柄という方も少なくないでしょう。

 

出典:WEAR

 

寒い季節によく映える鮮やかな赤や緑の入ったチェック柄はまだまだ暑苦しい雰囲気になってしまいがちなので、まず狙うべきは薄い色合いがベースになったチェック柄です。秋っぽく落ち着いた雰囲気を即演出できます。

 

出典:WEAR

 

また、くすみカラーの小花柄ワンピースも抑えておきたいところ。レトロな雰囲気も相まってこなれ感も引き立ちます。スニーカーを合わせてカジュアルに、パンプスやバレーシューズを合わせればきれいめにと幅広く対応できるのが魅力。ぜひ今シーズンっぽいトレンドアクセを効かせて旬を醸してみてください。

 

 

まだまだ着込まなくても大丈夫な気候なので、ワンピースをメインにしたコーデがよく映える時期ですが、徐々に寒さは増していきます。ぜひカーディガンを羽織ったり、ハイネックインナーを合わせたりなど気候に合わせた上手な着回しで、冬までワンピコーデを愉しんでくださいね。


border