columnコラム

お洒落にキマる大人のスニーカーコーデのコツ

出典:WEAR

お洒落な人はこう履く。即マネしたい大人っぽくキマる【スニーカーコーデ】のコツ

Twitter
LINEで送る

ラクちんでアクティブに動きやすいスニーカーですが、カジュアルな印象になりがちなため、意外と合わせ方が難しいと悩んでいる方は少なくないと思います。そこで今回は、明日からでも即マネしたい、抜け感&大人感たっぷりに履きこなすための【スニーカーコーデ】のコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|即旬顔スタイルが完成できる“ハイテクスニーカー”

 

“ハイテクスニーカー”はいま注目高いスニーカーの1つ。そのボリューミーさが足元にアクセントを効かせてくれるので即旬顔スタイルが完成できます。

 

出典:WEAR

 

ゴツく見えがちなハイテクスニーカーはオンナらしいボトムスと合わせるのがポイント。例えば、ドット柄や花柄などの甘めな柄スカートと合わせてギャップのあるスポーティミックススタイルが好相性です。また、辛口なスパイスを効かせてくれるタイトスカートと合わせても品の良いカジュアルスタイルが叶います。

 

 

 

|物足りなさを解決する”厚底スニーカー”でスタイルアップも

 

普段ヒールが多い方は、ぺたんこのスニーカーだと物足りなさを感じるもの。そんな方にオススメなのが“厚底スニーカー”です。コーデのバランスが取りやすいのはもちろん、ほんのり身長を盛ることもできるのでスタイルアップも狙えます。

 

出典:WEAR

 

底が厚めなので安定感もありアクティブに動いても疲れにくいのが魅力。ジャケットやワイドパンツなどを合わせてクールでモノトーンに仕上げると違和感のないキレイめスタイルにまとまります。

 

 

 

|定番“コンバース”はボトムスの丈感で履き分ける

 

スニーカーの定番ともいえる“コンバース”は、ハイカットにするかローカットにするかで印象もグッと変わるためコーデも迷いがち。そんなときは、ボトムスの丈感を基準にするとバランスが取りやすくなります。

 

出典:WEAR

 

まずハイカットスニーカーは、クロップト丈などの少し短め丈のボトムスと合わせてみましょう。足元がもたつかずにスッキリと履きこなすことができます。ブーツ感覚で履けるので靴下を選ばないのも嬉しいポイントです。

 

 

一方ローカットスニーカーは、足首まで隠れるマキシ丈スカートやワイドパンツを合わせてボトムスを主役にしたスタイルがオススメ。

 

出典:WEAR

 

インパクトたっぷりな柄やカラー、ボリュームあるシルエットのボトムスなら、ローカットスニーカーも地味になりすぎずに上手くマッチして抜け感をプラスしてくれます。

 

 

 

|“キレイめカラーのスニーカー”で新鮮な雰囲気を

 

いつも同じようなスタイルになってしまったり、周りとかぶりたくないという方には“キレイめカラーのスニーカー”を取り入れると新鮮さを高めることができます。

 

出典:WEAR

 

例えば、シルバーカラーのスニーカーなら光沢感がエッジを効かせてくれてラフになりすぎずにクールな印象に。重くなりすぎずに軽やかで華やぎ感が増すのでカジュアルさも抑えられ、大人感もグッと引き立ちます。

 

 

このようにカジュアルな印象が強いスニーカーも合わせるボトムスや色味やデザインの選び方次第でグッと大人感が増します。明日からでも即マネできるコツばかりなので、ぜひ参考にしてスニーカーコーデをアップデートしてくださいね。<text:Hiromi Anzai>


border