hairヘア

出典:@hair.cm/Tsuyoshi Ogasawara

シンプルかつナチュラルが合言葉。【ミディアム~ロングヘア】お洒落に夏を乗り切るスタイリング術

Twitter
LINEで送る

ミディアムやセミロング、ロングヘアなどレングス長めの方ほど毎日のスタイリングが定番化しがち。でも、暑い夏をお洒落に過ごすためにもスタイリングの引き出しを増やしておきたいところです。それではお洒落感も引き上げつつ大人っぽくキマる“暑さ対策も万全”なスタイリング術を早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|“シンプルかつナチュラル”が涼やかヘアの合言葉

 

暑い季節はフェミニンな雰囲気と清涼感を備えたヘアでモテ度をグッと高めていきたいものですが、そこで合言葉になるのが“シンプルかつナチュラル”な気負いのない雰囲気を演出することになります。

 

出典:HAIR

 

センシュアルな雰囲気が引き立つダークトーンの髪色または黒髪の方であれば、ワンレングスをベースにヘアスタイルのベースを作るのがポイント。ブローするだけでも充分に魅力を引き出してくれますし、ほんのり束感のあるスタイリングを施してイマドキ感をONするのもオススメです。

 

出典:HAIR

 

アンニュイな雰囲気のゆるウェーブを取り入れたスタイルをシンプルかつナチュラルにまとめるには、セミウェットなスタイリングが鍵。自然な抜け感を演出できるので、涼やかで柔らかな印象が引き立ちます。また、ほんのり明るく感じるレベルのベージュ系のヘアカラーを合わせて今っぽさをプラスするのもオススメです。

 

出典:HAIR

 

涼やかな印象に見せる上で大切になるのが小顔演出。定番中の定番“ひし形シルエット”を意識したヘアスタイル作りでシンプルさとナチュラルさを両立してみましょう。また、前髪をナチュラルに流したり透け感を出したりして額の見える面積を広げると、より軽やかかつスッキリとした印象に仕上がります。

 

 

 

|ボリューム感を上手にコントロールして軽やかな雰囲気に

 

髪が長いというだけで少し重たく見えてしまうものですが、まとめ髪アレンジでボリューム感を上手にコントロールして全体のシルエット軽やかに見せるのもオススメの一手です。

 

出典:HAIR

 

まとめ髪にするときにポイントになるのが“髪をまとめる位置(高さ)”。高すぎず低すぎない絶妙な高さでまとめて後頭部に抜け感を演出しましょう。なお、まとめる位置は顔の輪郭や大きさ、顔立ちなどによって人それぞれですので、忙しい時でもパパッとできるように“自分に最適な位置(高さ)”をしっかり研究しておくのをオススメします。

 

出典:HAIR

 

まとめ髪にするとき“お団子ヘア”はトレントでもあるので、ぜひ今夏のアレンジのレパートリーに追加しておきたいところ。首筋やうなじが見えると、軽やかさとともに自然とオンナらしさも引き立ちます。ただし、大人っぽさを高めるためにも、少しの毛束だけ残して“低め位置でまとめる”のがオススメ。また、ハイライトやインナーカラーなど髪色を一工夫しておくと、一層トレンド感と軽やかさが生まれます。

 

 

シンプルかつナチュラルな印象作りを可能にするスタイリング術を上手に取り入れれば、いつものスタイルがずっと涼やかな雰囲気になります。ぜひ参考に、暑い夏をお洒落ヘアで乗り切ってくださいね。


border