beautyビューティー

お腹ポッコリの解消に効果的な簡単ピラティス

お腹ポッコリの予防に効果テキメン。お腹周り全体にアプローチする“たるみ予防”エクサ

Twitter
LINEで送る

寒い日が続いていますが、家にこもって運動不足に陥ってしまっていませんか? そこで肌見せの季節に向けてオススメしたい“一石二鳥エクササイズ”が筋肉の動きや呼吸などを意識しながら行うピラティスです。今回はシンプルな動きで自宅でも実践できる基本エクササイズを「ゼロヨガ」のインストラクター・KANAさんに紹介していただきます。

 

 

 

|お腹周り全体にアプローチする「シングルレッグストレッチ・ピラティス」

 

お腹ポッコリの原因の1つに挙げられるのが腸腰筋の衰え。腸腰筋が弱くなると骨盤が傾いてしまい、下腹が出やすくなったり、腸の動きも悪くなったりすることもあります。他にも猫背やお尻の下垂なども引き起こす要因にもなりかねません。そこで実践したいのが、お腹のインナーマッスルにアプローチできる「シングルレッグストレッチ・ピラティス」です。この動きはお腹周りの引き締めにも代謝UPにも効果的です。

 

 

(1)安定した固めの床に膝を立てた姿勢で仰向けになる

 

(2)息を吸って、息を吐きながら足を浮かせて頭を持ち上げる ※意識はお腹に集中してください

 

(3)息を吸って、息を吐きながら片足を伸ばし、もう片方の膝は曲げる。曲げている足に手を添える ※呼吸は胸式で、吐いたときにお腹を絞るイメージで行います

 

(4)息を吸いながら足を元に戻し、息を吐きながら足をスイッチする ※(3)、(4)を繰り返します

 

【(3)のポジション。意識はお腹に集中し、リズムよく息を吐きながら膝をタッチ】

 

【(3)、(4)の動きがキツい場合は足を上げて行なうと比較的楽に実践できます】

 

ピラティスは“回数よりも質”が重要で、一連の動きを流動的に行うのがコツ。すべての動きをお腹を固定させるような意識で、慣れてきたら(3)から(4)の膝をタッチする回数を増やしてみてください。来たる肌見せの季節に向けてぜひ習慣にして、一足先にお腹周りをスッキリ引き締めて美しいボディラインを目指しましょう。

 

 

text:下重佳奈子 Kanako Shimoshige photo:Akihiro Itagaki ピラティス監修:KANA


border