hairヘア

出典:@hair.cm/岩田 隆太郎

シンプルなのに洒落感UP。前髪が決め手【こなれたショートヘア】に仕上げる3つのアプローチ

Twitter
LINEで送る

丸みのあるフォルムで愛らしさやきれいめな雰囲気を演出でき、軽やかにキマるショートヘアは夏にお似合いのスタイル。さらに“前髪”に一工夫プラスすれば、洒落感UPもイメチェンだって可能です。そこで今回は“前髪”にフォーカスしつつ、今っぽくこなれた雰囲気にスタイルをアップデートさせるコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|目元印象を大人っぽく演出するなら“前髪を重ため”に

 

前髪ありのショートヘアは愛らしい印象になりがちですが、あえて“前髪を重ため”に作ることで大人感がグッと高まり、吸い込まれるような目元を演出できるのでアイメイクの愉しみも一層広がります。

 

出典:HAIR

 

前髪が重たい分、首元はスッキリと短めにしてバランスを取るのがお洒落見えのポイント。また、トップの長さがある分アレンジも効くので、表面を少し巻いて髪の動きを出せば雰囲気チェンジも叶います。

 

出典:HAIR

 

より洒落感を引き上げるなら、前髪をサイドと同じ長さにするシンプルなうざバングもオススメ。クールさとセクシーさが引き上がり大人感もグッと増します。ただし、重たい印象に転びやすくなるので、サイドを耳かけするなど程良く軽さをプラスしてバランスを整えるようにしましょう。

 

 

 

|優しげな表情を演出するなら“ななめ前髪”で

 

オンナらしく優しげな雰囲気を演出するなら、おでこと眉がチラリと覗く“ななめ前髪”がオススメ。明るい印象を与えてくれるので、シンプルからガーリーまで幅広いファッションに対応できるスタイルに仕上がります。

 

出典:HAIR

 

全体のシルエットをふんわり仕上げれば、大人っぽさの中に可愛さも感じるスタイルに。程良くカールを加えてガーリーなニュアンスヘアを愉しむのもオススメですし、ほんのりツヤ感の出るスタイリング剤でしっとりまとめれば、一気にこなれた表情を演出できます。

 

出典:HAIR

 

定番のシースルーバングも“ななめ前髪”にスタイリングするのもオススメです。額、耳、デコルテ、うなじが見えることで抜け感たっぷりのトレンドスタイルが叶い、優しさの中にアンニュイな雰囲気をプラスできます。

 

 

 

|きれいめ×クールを演出するなら“長めの透け感バング”or“前髪なし”で

 

大人っぽくクールな、それでいてきれいめな雰囲気を演出するなら“長めの透け感バング”を合わせましょう。

 

出典:HAIR

 

サイドの髪と自然と繋がるように前髪を作ることで落ち着き感が生まれ、大人っぽさをグッと高めることができます。また、よりクールな雰囲気を醸したい方は、前髪に束感をプラスしたり、あえて前髪を作らないスタイルにしたりと表情をより引き締めるアプローチがオススメです。

 

出典:HAIR

 

上写真は前髪なしのワンレンスタイル。ほのかにセクシーさまで感じさせてくれるフェミニンな印象で、サイドから見ても美人なシルエットが叶います。ただし、ワンレンスタイルは重たく見えがちなので、分け目をハッキリと作らないようにするのも洒落感UPのポイントです。

 

 

ショートヘアの洒落感UPには、前髪の作り方やアレンジはハズせない要素になります。いつものスタイルにマンネリを感じている方、これからショートヘアにチャレンジしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


border