fashionファッション

megbabyさんに学ぶ個性派アイテムのコーデ術

さりげない大人感でオシャレ度UP。MEGBABYさんに学ぶ“個性派アイテム”のコーデ術

Twitter
0
LINEで送る

「シンプルなのにオシャレ」「ベーシックなのにこだわりも感じる」。オシャレさんなら当然そんなコーデを目指していきたいところですが、なかなか難しいのもまた事実。そこで参考にしたいのが、少し個性的とも言えるアイテムのポイント使いが上手なMEGBABYさん。そこで今回は彼女のコーデから“個性派アイテム”をコーデに上手に取り入れるポイントを探ってみました。

 

 

 

(1) モノトーンコーデはモチーフのポイント使いがキー

 

シンプルなモノトーンコーデは一見オシャレですが、なかなか上手に周りと差をつけにくいコーデでもあります。そこでオススメが、ちょっと個性的なプリントや刺繍などのモチーフのポイント使い。

 

megbaby???さん(@_megbaby_)が投稿した写真

 

現在展開されている「Is this Vitz ?」キャンペーンででMEGBABYさんが披露したファッションディレクター・三浦大地さんとのペアコーデはまさに理想とも言えるコーデ。車をモチーフにした大胆プリントのバッグがアクセントとなって、自分らしいオシャレ感を一際引き立てています。

 

 

 

(2)柄アイテムの“外し使い”をポイントに

 

「オシャレ上級者にしか上手に着こなせない」というような敷居の高いイメージもある個性的な柄アイテムですが、ポイントとして上手に合わせれば、自分らしさを表現できる最良のアイテムとも言えます。

 

megbaby???さん(@_megbaby_)が投稿した写真


ピンク×黒を基調のコーデに、これまたピンク×黒のゼブラ柄ブーツを合わせるというように、同系色の色でまとめることで個性派アイテムも浮いた印象になりません。柄アイテム初心者にもオススメのテクです。

 

 

 

(3)適度な肌見せで抜け感をプラス

 

特に冬のコーデに言えることですが、どうしても防寒のため肌の露出は極力抑えたくなるもの。しかしながら一切肌を隠して個性的なアイテムをプラスしたコーデをすると、いくら単体ではオシャレなアイテムであっても、コーデに取り入れることで逆に野暮ったく見せてしまう原因になってしまうことも。

 

megbaby???さん(@_megbaby_)が投稿した写真

 

そこで参考にしたいのが、首元に個性的な柄のチョーカーを合わせたMEGBABYさんのオールブラックコーデ。大胆にデコルテや脚を露出することで全体に抜け感がプラスされてアカ抜けた印象を際立たせてくれます。

 

 

 

このように一見シンプルに見えてこだわりや個性を感じるアイテムを上手に取り入れたコーデができるようになると、さらにオシャレの幅が広がります。ぜひMEGBABYさんのコーデ術を参考に、自分らしいオシャレをますます楽しんでいきましょう!


border