beautyビューティー

ほっそりウエストに近づく簡単腹筋エクササイズ

贅肉のついたお腹周りの凹ませに◎ ほっそりウエストに近づくための簡単腹筋エクサ2つ

Twitter
LINEで送る

気づくといつの間にかお腹がぽっこりしていた経験は誰しもありますが、贅肉がつきやすいお腹周りだからこそ、無理なく続けられるエクササイズを習慣にしてほっそりとした印象をキープしていきたいもの。それにお腹周りに適度に筋肉がつくだけで自然と姿勢も良くなり、立ち姿までキレイに見えるようになります。

 

それでは日々の習慣にしたい腹筋に効く2つの簡単エクササイズを早速チェックしてみましょう。

 

 

 

【膝曲げニータッチ】

 

腰に負担の少ない上体起こしエクササイズで「腹筋全体」を効果的に鍛えることができます。

 

(1)床に仰向けになり膝を軽く曲げ、両腕は体の横に真っ直ぐ伸ばして置く

 

 

 

(2)お腹の筋肉を意識しながら腕を真っ直ぐにしたまま上体を起こしていき、指先が膝にタッチするぐらいの位置で2秒キープし、(1)の姿勢に戻る

 

 

 

この動きを10回を目標に繰り返します。なお、ひざをタッチするまで上体を起こすのが難しい方は、下写真のように太ももの真ん中辺りをタッチする形でOKです。

 

 

ただし、この場合も「お腹の筋肉を意識しながら上体を起こす」ことを心がけて実践してください。

 

 

 

【バイシクルキープ】

 

自転車を漕いでいるような姿勢で「腹筋」と「腹斜筋」を鍛えることができます。

 

(1)床に仰向けになって軽くひざを曲げ、右膝と左肘を近づけるイメージで上体を捻りながら持ち上げ、肘と膝がタッチするポイント近くで2秒キープする

 

 

 

(2)続けて左膝と右肘を近づけるイメージで上体を捻りながら持ち上げ、肘と膝がタッチするポイント近くで2秒キープする

 

 

 

(1)と(2)で1セットとカウントし、10セットを目標に繰り返します。最初に紹介した【膝曲げニータッチ】と比べると腹筋への負荷が大きくキツいかもしれませんが、ぜひトライしてみてください。

 

 

2つともシンプルな動きのエクササイズですが、しっかり腹筋に負荷がかかるので実践し始めたばかりの時期はツラさを感じるかもしれません。しかしながら続けていくことで徐々に鍛えた部分が強くなっていき、日を追うごとに楽に行えるようになっていくことを実感できるはず。ぜひ注意点を心がけながら実践して、適度に引き締まったほっそりウエストのキープに役立ててくださいね。<text:本田香 photo:カトウキギ model:井村亜里香 ストレッチ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border