dietダイエット

ぽっこりお腹の解消も脚痩せも叶う定番エクサ

ぽっこりお腹の解消も脚痩せも。あの定番エクササイズで理想のボディラインを目指して

Twitter
LINEで送る

間もなくやってくる肌見せの季節に向けて、そろそろ気になるパーツの引き締めを始めようかと考えている方は少なくないと思います。もちろん流行のエクササイズも良いのですが、まずは手持ちのアイテムを使ったエクササイズから初めてみるのが一番手軽です。

 

そこで今回は今や定番エクササイズとして根付いた感もある“バランスボール”を使用した基本エクササイズと注意点をチェックしてみましょう。

 

 

 

|ぽっこりお腹にアタックする基本エクササイズ

 

 

 

バランスボールに乗ってバランスを取ることで、自然とぐっとお腹に力が入り、インナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えれば、当然お腹周りの余分な脂肪・たるみの引き締めに繋がります。

 

当然ながらバランスを取るのが難しいので、まず最初は「バランスボールに背中を乗せて上半身を少し持ち上げ、一定時間その姿勢を静止(キープ)する」ところから始めてみましょう。もちろんグラついたらすぐに手足をついてやめてOKです。

 

繰り返し行っていくうちに、きっと姿勢が崩れることもほとんどなくなってきますから、慣れてきたら静止時間を長く設定してインナーマッスルにかける負荷を高めていきましょう。

 

ボールの上で足をV字にしたり、膝立ちで静止できたりするようになれば、かなりの上級者。ですが、まずは基本中の基本の姿勢をコツコツ継続して実践することが大事です。

 

 

 

|痩せにくい太ももにアタックする基本エクササイズ

 

 

バランスボールを使ったエクササイズは、憧れのスラリ美脚を叶える近道にもなります。痩せにくい太ももをはじめ脚の引き締めを目指すなら「仰向けや横向きに寝そべった状態でバランスボールを足でくるくるとコントロールする」方法が基本中の基本。

 

バランスボールを使うことで無駄な動きを省かれるので、動きのすべてを美脚メイクに使うことができるのが嬉しいポイントです。

 

 

 

|バランスボールエクササイズの注意点は?

 

基本中の基本の実践方法は上述しましたが、注意点としてはやはり「転倒」や「怪我」などが挙げられます。無理をすることは「転倒」や「怪我」などにつながりますから、少しでも危ないと思ったらすぐに手足を床や壁について姿勢を安定させましょう。運動器具は自分の思い通りには動いてくれないということは、しっかり心に留めておいてください。

 

 

 

バランスボールを使ったエクササイズは、テレビを観ながら、読書をしながらなど“ながら”でできますし、インナーマッスルを鍛えることができるので、特にお腹周りや脚の引き締め効果が出やすいと言われています。“ながら”でできるエクササイズなら、楽しみながら続けやすいはず。それにバランスボールは普段の椅子代わりに使うだけでも効果的です。ぜひバランスボールが自宅にある方は、春に向けて早速活用してみてくださいね。


border