columnコラム

インスタで話題guスウェットの大人っぽい着こなし

出典:WEAR

ラクちんなのに今感たっぷり。インスタでも話題【GU】スウェットの大人っぽい着こなし方

Twitter
LINEで送る

今冬大ヒットのスウェットアイテムですが、1つ間違えると部屋着っぽさが出てしまったり、オンナらしさが損なわれてしまうなど意外と着こなしに悩んでしまう方は少なくないと思います。それではインスタなどSNSでも話題【GU】のスウェットアイテムの大人っぽい着こなし方をお洒落さんたちの着こなしからチェックしてみましょう。

 

 

 

|引き締め感のある“黒フーディ”でシャープな着こなしを

 

スウェット初心者さんにオススメなのが、まずは引き締め感のある黒をチョイスすること。ラフなスウェットアイテムもシャープな印象で着こなせるので、大人っぽさを手軽に引き出すことができます。

 

出典:WEAR

 

トレンドのオーバーシルエットには、スキニーパンツやタイトスカートなどの細みシルエットのボトムスを合わせてオンナっぽいシルエットに。冬だと重く見えがちなオールブラックコーデも、スウェット素材のカジュアル感でカチッとした印象にならずに着こなせます。また、白Tをレイヤードさせて裾をチラ見せすれば抜け感が出て軽やかさをプラスすることができます。

 

 

 

|ベージュの“ワントーンコーデ”で優し気カジュアルな着こなしに

 

落ち着き感があって優し気な雰囲気に仕上げてくれるベージュカラーのスウェットは、ワントーンに仕上げてオンナらしさたっぷりのカジュアルスタイルにまとめるのがオススメ。

 

出典:WEAR

 

ワントーンコーデは難しいと感じている方でも、スウェットとマフラーをベージュで統一して、ボトムスに白を合わせて少し濃淡をつけるだけでOK。それだけでのっぺりとした印象を避けることができます。また、バッグやシューズに色物を合わせて引き締め部分を作るとメリハリが出て、よりバランスの良い着こなしになります。

 

 

 

|カジュアル感強めの“グレー”は黒で引き締める

 

カジュアル感が強めのグレーは部屋着感が出やすくなってしまうので最も注意が必要なカラー。コーデを組み立てる時はスウェット以外を黒で統一して引き締めるのがオススメです。

 

出典:WEAR

 

スウェット自体もオンナらしさが出やすいモックネックや裾広がりのアイテム、後ろが少し丈が長めのアイテム、サイドにスリット入りのアイテムなどデザイン性のあるアイテムを選ぶと部屋着感が薄れます。また、ボトムスには細みやタイトなアイテムを合わせて逆三角形シルエットに仕上げると、ゆったりシルエットのスウェットでも大人っぽく着こなせます。

 

 

 

|スカートやワンピースなど“レディなアイテム”と合わせる

 

レディでエレガントさを演出できるロングスカートやワンピースに、あえてハズしアイテムとしてスウェットを合わせると、大人感たっぷりの今冬らしい着こなしに。

 

出典:WEAR

 

インパクト強めのレオパード柄も小柄デザインならさりげなくアクセントを効かせつつ着こなせるのでトライしやすくなります。また、ピンクなどのガーリーな色合いのアイテムとスウェットを合わせてスポーティに着崩した着こなしもオススメです。

 

 

 

|思い切ってスポーティに着こなす

 

アクティブな休日には、思い切ってスウェットのカジュアル感を活かした今季トレンドのスポーティスタイルに仕上げて愉しみましょう。

 

出典:WEAR

 

オススメは深みあるパープルカラーのスウェット。フーディ+キャップなら簡単にスポーティスタイルに仕上がると同時にオンナらしさもキープしつつ新鮮な雰囲気を演出できます。また、シルバーのチェーンバッグで辛口なアクセントを効かせれば、グッと感度も高められて大人感が一層引き立ちます。

 

 

合わせるカラーやシルエットに注意すれば、今冬らしく上手に大人っぽいスウェットコーデを愉しめます。ぜひ参考にしてラクちんなのに今感たっぷりのお洒落にトライしてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai>


border