make upメイク

ウォームピンクでつくる愛され春メイク

第一印象ひとり勝ち。愛され春メイクは“ウォームピンク”でつくるが正解です

Twitter
0
LINEで送る

この春、「はじめまして」の第一印象はとても大切と実感している方は少なくないと思います。そんな年齢性別問わず幅広く好感を持ってもらう鍵となるのが“ウォームピンク”を主役にしたメイク。好印象をひとり占めするためにも、早速メイクのプロセスをチェックしてみましょう。

 

 

 

|用意するアイテムはこちら

 

用意するアイテムはこちら。もちろんコスメやツールは手持ちのものでOK(なければプチプラのコスメやツールでOK)です。

 

 

A:ブラウン アイブロウペンシル、B:グリッターパール入り ゴールドベージュカラーのシャドウ、C:ゴールドグリッターパール入り インディゴピンクシャドウ、D:ゴールドグリッターパール入り ピンクペンシルアイライナー、E:パール入り レンガカラーのシャドウ、F:パール入り明るいアイボリーカラーのシャドウ、G:明るいブラウンのリキッドアイライナー、H:薄めピンクのブラッシャー、I:ウォームピンクのブラッシャー、J:パール入り ウォームピンクのリップスティック、K:透明リップグロス、マスカラ

 

 

 

|“ウォームピンク”でつくる愛され春メイク

 

(1)Aで眉を描く

 

 

眉山を強調せずやわらかいかたちの眉を描きます。眉頭部分は指先でトントンたたいて境目をぼかしてください。

 

 

(2)Bをまぶたに広くのせる

 

 

パールがキラキラしたアイシャドウをのせることで、はっきりとした色味は感じないけれど透明に輝くようなベースをつくります。

 

 

(3)Cを目尻側にのせる

 

 

ゴールドのグリッターの入ったピンクアイシャドウをアイホールの目尻側に3、4回重ねてのせます。目尻にいくほど自然なピンク色になるようにのせ、(2)でのせた色と自然なグラデーションができればGOODです。

 

 

(4)Dを下まぶたのライン中央にのせる

 

 

ピンクのアイライナーを目頭と目尻部分を除いて横に広くのせます。厚さは4mmを超えないようにしましょう。

 

 

(5)Eで目尻を「く」の字で塞ぐ

 

 

オレンジのシャドウを使って「く」の字でまぶたの上と下のラインを自然につなぎます。(3)で色をのせた部分をすべて覆ってしまわないように注意してください。

 

 

(6)Fを目頭にのせる

 

 

明るいアイボリーカラーのアイシャドウを目頭のコーナー(◯印部分)に1、2回のせます。涼しげで神秘的な目元に仕上げるために、さり気なくほのかにのせるのがポイントです。

 

 

(7)シャドウの境目をぼかす

 

 

清潔なブラシを使って、先にのせたシャドウの境目をサッとぼかします。この工程は省略してもOKですが、この一手間が自然な仕上がりを実現するポイントです。

 

 

(8)Gでアイラインを描く

 

 

明るめブラウンのリキッドアイライナーでアイラインを描きます。やり過ぎ感のない軽めのアイラインに仕上げるため、粘膜を埋めないように注意し、目尻は細く5mm程度だけひくようにしましょう。

 

 

(9)ビューラー&マスカラをON

 

 

下まつげを強調することで清純な印象が強まります。

 

 

(10)Hを頬全体に薄くのせる

 

 

のせる領域が広いので薄いピンク色のブラッシャーを選択するのがベターです。

 

 

(11)Iを頬骨の上側にのせる

 

 

ウォームピンクのブラッシャーを目尻のすぐ下(◯印部分)の頬骨の上側にのせます。(10)のブラッシャーの色と混ざることで自然なグラデーションが生まれます。

 

 

(12)Jを唇全体に、Kを中央に塗る

 

 

パールの入ったウォームピンクのリップスティックを全体に塗った後、透明リップグロスをのせます。透明リップグロスは唇を閉じた状態で中央部分に厚めに塗りましょう。

 

 

以上で完成です。微妙に色味の違うピンクカラーを重ねることでミステリアスな雰囲気を演出すると同時にグリッターパールで目元に煌きを与えることでハリ感が出て周りをぱーっと明るくするような好感度がグッと高まります。ぜひトライしてみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border