lifestyleライフスタイル

ほんの一手間でティータイムを優雅に♪ 簡単「エディブルフラワーの砂糖漬け」の作り方

Twitter
1
LINEで送る

急に寒くなった近頃、暖かいお部屋でゆったりティータイムを楽しむ方も多いのではないでしょうか。そこで今回は一手間加えるだけでいつものティータイムをより優雅に変えてくれる「エディブルフラワーの砂糖漬け」のつくりかたを紹介します。

 

 

|エディブルフラワーってなに?

 

エディブルフラワーは『食べられるお花』のこと。その中でもビオラは冬の代表的なエディブルフラワーです。

 

12212123_726203137479635_1527212430_n

 

サラダにしたりケーキに添えたりして楽しみます。

※一般的なホームセンターで売られているビオラは観賞用です。ハーブ店やエディブルフラワー専門のお店やインターネットでの購入をおすすめします

 

 

 

|「ビオラの砂糖漬け」のレシピ

 

12201001_726199290813353_1763010219_n

 

|材料|10個分

 

ビオラ(無農薬のもの) 10輪、卵白 少量、グラニュー糖 少量、グラニュー糖(保存用) 少量

 

 

|つくりかた|

 

①ビオラはよく洗い水気を切って、卵白をハケで一枚一枚丁寧に塗る。

②グラニュー糖をかけるようにしてまんべんなくつけてから茎を切る。

③グラニュー糖を敷いた上に置いて乾燥させる。

 

 

|ワンポイントアドバイス|

 

・半日ほどで硬くなってきます。2日ほどで持てるようになります。

・ビオラは必ず無農薬のものを使いましょう。

・お友達にだす時は卵アレルギーに気を付けてください。

・食べるのは“花びらだけ”にしてください。

・卵白は厚すぎても薄すぎてもNG(何回か練習すると適量やコツがわかってきます)。

・他のエディブルフラワーでも作れますので、いろんなお花でチャレンジしてみてください。

 

 

 

まるで花の妖精が凍ってしまったような「ビオラの砂糖漬け」。ケーキの飾りや、紅茶に浮かべても、夢のようなティータイムになること間違いなしですよ♪

 

12207767_726191130814169_606419743_n

【こちらのケーキはプロ料理家レシピサイト「Nadia」前田量子のページにてご紹介しています。ご参考になさってくださいね】

 

 

 

text:nico’s kitchen 主宰 前田 量子

料理家。管理栄養士。ジュニアベジタブル&フルーツマイスター。「皆様のご家庭をレストランに!」というコンセプトで、おもてなし料理、パン、お菓子のお教室を主宰。

http://ameblo.jp/nicos-1109/ 前田量子のcookpad


border