columnコラム

オンナ度高めにロングブーツを履きこなすコツ

出典:DHOLIC

オフィスでもデートでも強い味方。オンナ度高めに【ミドル丈〜ロングブーツ】を履きこなすお洒落テク

Twitter
LINEで送る

ここ数年人気だったアンクル丈のショートブーツのブームが落ち着き、今冬は防寒対策にもピッタリの【ミドル丈〜ロングブーツ】に人気が集中。ピタッとした細身シルエットのアイテムも多く登場し、オフィスやデートでも浮かずに合わせやすいのも今冬の特徴と言えます。それでは、そんな旬のロングブーツをオンナ度高めに履きこなすコツを早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|キレイめに履きこなす最重要ポイントは“ボトムスの丈感”に

 

今っぽくキレイめにロングブーツを履きこなす最重要ポイントは“丈感”。ボトムスの裾から脚が覗かないように履くのが正解です。人気再燃中の90年代テイストのピタッとしたブーツなら、ロング丈のスカートと合わせて脚を見せないようにしましょう。

 

出典:WEAR

 

まるでタイツを履いたパンプスのようなシルエットに仕上がるので自然とエレガントな雰囲気に。ざっくりしたケーブルニットと歩くたびに揺れるフレアのニットスカートと合わせてモード感を際立てましょう。

 

 

トレンドのパイソン柄もブーツなら取り入れやすく、きれいめな雰囲気のコーデにスパイスを一匙加えることができます。

 

出典:WEAR

 

オンナ度高めに赤でまとめたワントーンコーデの中にさり気なく紛れさせるだけなのに、スカートの裾からチラッと覗くパイソン柄だけでお洒落上級者の雰囲気に。「少し派手かな?」と感じるブーツは、フレアスカートやワイドパンツなどボリューム感のあるボトムスと合わせると派手さも軽減できます。

 

 

従来ならショートブーツを合わせていたコーデもロングブーツをONするだけで、懐かしさと新鮮さが同居した雰囲気に。

 

出典:WEAR

 

脚が見えないようにロングブーツを合わせるときは、無骨な印象になりやすい太いヒールではなく、パンプスっぽい華奢なヒールを選ぶのもポイント。ふんわりニットとフレアスカートを合わせるとデートでもオフィスにも対応できるコンサバな雰囲気満点です。

 

 

 

|あえての“白ブーツ”でお洒落度MAXに

 

黒や濃いめブラウンのブーツだと無難に思えるシンプルなコーデでも、あえて白ブーツを合わせれば際立つ存在感で足元に視線集中。今冬らしいピリッとした白の使い方なので、足元からコーデをクラスアップしてくれます。

 

出典:WEAR

 

白ブーツは使いにくそうな印象もありますが、白系のワントーンコーデにもモノトーンにも合わせやすく、意外と使い勝手も◎。ただし、ワントーンやモノトーンでコーデをまとめるときは、トレンド感の強い小物やアクセを合わせたり、差し色アイテムを合わせたりなどアクセントを加えるのが鉄則です。

 

 

打って変わった華やかでフェミニンなコーデでも白ブーツは浮きません。

 

出典:WEAR

 

ボリューム感から重たい印象になりがちなブーツも白色の効果で重さが出ないのだけでなく、スケート靴っぽい編み上げデザインをチョイスすれば冬らしさも満点。透け感のあるアイテムと合わせたり、華奢なアクセサリーを足したりと華やぎ感をプラスして甘い雰囲気にまとめましょう。

 

 

このように意外にも色んなアイテムや雰囲気に合わせやすいのがロングブーツの魅力です。クラスアップしたコーデを愉しむためにも、ぜひ履きこなしの参考にしてみてくださいね。


border