beautyビューティー

カロリーが燃えやすい痩せボディを叶えるルール

スタイル美人への第一歩。効率良くカロリーが燃える【究極の痩せボディ】に近づく3つのルール

Twitter
LINEで送る

ダイエットにおいて究極の理想とすることろは「特別なことをしなくてもOKの痩せボディを手に入れること」と言えます。そこで日々のダイエットの参考にするためにも、ジェニファー・ローレンスやジェシカ・チェステインら海外トップ女優のトレーナーを務めるディヴィッド・キングスベリー氏が推奨する【効率良くカロリーが燃える究極の痩せボディ】に近づくための3つのルールをチェックしてみましょう。

 

 

 

(1)タンパク質を積極的に摂取し、さらに炭水化物や脂肪分もしっかり摂取する

 

ダイエット中に筋肉量をキープするために大切な栄養素がタンパク質。事実「タンパク質を多く摂ることが脂肪を燃やすための鍵」とキングスベリー氏は語っています。そんなキングスベリー氏が提唱する食事ルールが“摂取するカロリーの40%をタンパク質を多く含む食品にする”こと。チキン、サーモン、大豆、豆類などを食生活の中心に据えることを勧めています。

 

水着が似合う女っぽボディを作る食事ルール

 

また、脳を働かせるためにも筋肉を使うためにも大切な炭水化物の完全カットはNG。キングスベリー氏によると“摂取するカロリーの20%を炭水化物にすること”が基本。さらにはダイエットの敵というイメージの脂肪もキングスベリー氏によれば「血糖値を上げずに脂肪燃焼効果をもららす秘密兵器」とのことで、“摂取するカロリーの40%を脂肪分にする”ことも推奨しています。

 

 

 

(2)アルコールや糖分の摂取をできるだけ控える

 

アルコールについてはカロリーが高めで飲み過ぎることでお腹の調子を崩したり、肝臓など健康にも影響を及ぼすこともあるので「できるだけ控えるのが正解」と語るキングスベリー氏。

 

 

また、糖分についても「フルーツの糖分は平気だけれど、添加糖が加えられたものは脂肪燃焼効果をダウンさせてぽっこりお腹の原因になる」ということで、こちらもNGとのこと。アルコールや甘いものは完全にカットしなくてもいいけれど、飲み過ぎや添加糖には気をつける必要がありそうです。

 

 

 

(3)運動は週2回のサーキットトレーニングをベースにし、パーツ痩せについては低強度のワークアウト最低週1回行う

 

エネルギーをたくさん使う高強度の運動は脂肪燃焼効果も大きいからこそ全身を引き締めるには最適と言えます。まず始めるなら、スクワットやランジ、腕立て伏せといったシンプルな動きで複数の筋肉を一挙に強化できるものを組合せて行うサーキットトレーニング。これを週2回以上実践することをキングスベリー氏はオススメしています。なお、実践する際は“1つ1つのエクササイズの間隔を短くする”ことが重要だそうです。

 

筋力に自信なくても続けやすい腕立て伏せエクサ

 

また、たるみや贅肉を解消するためのパーツ別の引き締めエクササイズについては「低強度のワークアウトが最も効果的」とキングスベリー氏。“心拍数を60〜65にしたまま1時間程度”が基本とのことで、週1回以上行うのが一番効果的と明かしています。

 

 

3つのルールをまとめると、「食事はたんぱく質と脂肪分がそれぞれ40%、残りの20%を炭水化物に」「アルコールと添加糖の摂取をできるだけ避ける」「高強度の運動を週2回程度、パーツ引き締めのための低強度の運動を週1回程度」ということになります。まずはこの3つのルールの実践を心がけてスタイル美人を目指していきましょうね。


border