columnコラム

キレイめスカートは変り種デザインx長め丈で

出典:ZOZOTOWN

オンナらしさ上げつつ体型カバーも。今冬のキレイめスカートは【変り種デザイン×長め丈】で

Twitter
LINEで送る

オフィスシーンでも浮かないきちんとした雰囲気もありつつトレンドを抑えたキレイめスカートは幅広いシーンに対応できる頼りがいのあるアイテムですが、特にこだわりたいポイントとして挙がるのが「体型をキレイに見せてくれること」という方は少なくないと思います。

 

そんな今冬のスカート選びのキーワードになるのが、着るだけで気になるウエスト周りやお尻周りを上手にカバーできる【変り種デザイン×長め丈】。早速、今冬の旬アイテムとともに着こなしのポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

|アシンメトリーな切り替えデザインの柄×柄スカート

 

いくらファッションの規定が緩いオフィスでも、お遊び感の強いデザインや色味のアイテムは浮いてしまうもの。変わり種デザインのアイテムを選ぶ場合は生地や柄などでトラッド感のあるテイストを選ぶのがお約束です。

 

出典:WEAR

 

3枚切り替えになったこちらのスカートは、右脇の2面にグレンチェック柄、左脇の1面に細かな千鳥格子柄といずれもクラシックな印象の柄が使用されていて、デザイン性が高い反面、落ち着いた印象を演出してくれます。ボトムスが柄×柄なので、合わせるトップスや小物などはシンプルにまとめると大人っぽさも引き立ちますよ。

 

 

 

|片側サイドプリーツで左右異なる表情を演出するラップスカート

 

単色のスカートを選ぶ際にはルーズすぎないシルエットとお洒落感をさり気なく演出するアイテム選びがキモになります。

 

 

出典:WEAR

 

こちらは一見シンプルに見えつつ、サイドの細かなプリーツが印象的なラップスカートは左右で異なる表情を見せてくれるのが魅力。ベルトマークのデザインもインパクトがありつつ、美しいシルエットにまとまっているので、オフィスに必要なきちんと感もしっかり演出できます。デートや女子会の際にはトレンドのレオパード柄の小物などを合わせると上品にお洒落度を引き上げることができます。

 

 

 

|アシンメトリーな裾デザインが心憎いイレヘムスカート

 

一見すると一般的なフレアスカートですが、よく見ると裾がアシンメトリーなデザインになっているこちらのイレヘムスカートもさり気なくお洒落度を上げてくれる1枚です。

 

出典:WEAR

 

しっとり落ち着きのあるAラインシルエットが自然と引き締まった印象に見せてくれるので、タイトなトップスと合わせて華奢感を演出するのも、フワフワとしたニットと合わせてメリハリ感を演出するのも、どちらも対応できます。また、歩くたびに揺れる裾がフェミニンさを演出してくれるので、仕事後のデートや女子会にもハマるのも嬉しいポイントです。

 

 

 

|インパクト大のトレンチ風デザインスカート

 

秋冬の定番、トレンチコートのデザインをそのまま落し込んだインパクト大のデザインスカートも素敵です。

 

出典:WEAR

 

ベルトでウエストマークされているのでトップスインの着こなしが断然オススメ。オフィスコーデはシンプルなトップスとパンプスなどで品良くまとめて、デートやお出かけコーデはボーダー柄のトップスやスニーカーなどとカジュアルにまとめてと、合わせるアイテムによってテイストの変化を愉しめます。

 

 

 

|大きめポケットが腰周りをタイトに演出するラップスカート

 

ウエストやお尻など腰周りをできるだけ細見えさせるなら、大きめにデザインされたポケットで腰周りのラインをタイトに引き締めるラップスカートがオススメです。

 

出典:WEAR

 

ウエストマークのデザインなのでタイトなニットをINして合わせれば全体のシルエットにメリハリ感が生まれ、よりスタイルアップが叶います。ベレー帽やシューズなどに差し色アイテムをプラスするとよりオンナらしい表情に。また、ウール素材で季節感を強調してくれるのも嬉しいポイントです。

 

 

デザイン性の高いスカートでも、長め丈かつトラッドなニュアンスがあるときちんと感も演出できますし、気になる腰周りのボリューム感を抑えることも、腰高な印象を作ることも可能になります。ぜひ参考に体型カバーまで叶うお洒落感たっぷりのスカート選びをして、今冬もキレイめコーデを愉しんでくださいね。


border