make upメイク

キレイを格上げするブルべ肌のためのアイメイク

肌色に合うカラーでキレイを格上げ。“ブルべ肌”さんのためのアイメイク

Twitter
LINEで送る

メイクをする上でトレンドはもちろん気になるところですが、より大切なのが「自分に似合っているか?」ということ。より自分に似合うメイクを知るための1つの基準となるが、最近よく耳にする“ブルべ肌”や“イエベ肌”になります。

 

肌の色は、寒色よりの「ブルーベース肌(ブルべ肌)」と、暖色よりの「イエローベース肌(イエベ肌)」と大きく2つのタイプに分けられ、それぞれ似合うカラーも異なります。そこで今回は、数多くの芸能人やモデルを担当するヘアメイクアップアーティスト・岩下倫之さんに、“ブルべ肌”さんに似合うアイメイクのポイントを解説してもらいます。

 

 

 

|アナタはどっち?ブルべ肌ってこんなタイプ

 

自分にぴったりのカラーを知るために、まずは自分が“ブルべ肌”なのか“イエベ肌”なのか、どちらのタイプなのかを見分ける必要があります。例えば、肌の色が白っぽく、日焼けすると赤くなりやすい、目の色素が薄め、普段ネイビーなどの寒色系の服を選びがちという方は“ブルべ肌”の可能性が高いです。

 

そんな“ブルべ肌”さんは、ブルーなどの寒色系、パステルカラー、シルバーなどを選ぶと似合いやすくなります。それでは早速“ブルべ肌”さんにピッタリなメイクのコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

|ブルべ肌に最適なアイカラーは“寒色系”

 

ブルべ肌さんに似合うアイシャドウカラーの一つが、ブルーやネイビーなどの寒色系カラーです。アイシャドウの入れ方のポイントは「上まぶたの目尻側にのみさり気なく入れる」こと。

 

 

そうすることで、大人っぽく上品な印象に仕上げることができます。

 

一方、アイホール全体にブルーシャドウを入れてしまうとケバい印象になってしまい、古さを感じる顔印象になってしまうので注意が必要です(下写真左)。

 

 

 

 

|夏トレンドの“赤系カラー”でアイメイクする際のポイント

 

今季トレンドの“赤系カラー”は、どちらかと言えば“イエベ肌”さんの方が似合いやすいカラーですが、少し工夫するだけで“ブルべ肌”さんでも合わせやすくなります。そのポイントとなるのが「アイホールに薄い青みピンクカラーをベースとしてのせる」こと。そうすることで暖色系の“赤系カラー”も合わせやすくなるのです。

 


▲ベースカラーは上側の青みがかったピンクカラーがオススメ

 

ベースを入れることで腫れぼったい印象に転びにくくなり、大人感たっぷりな目元に仕上がります。

 


▲“赤系カラー”のアイシャドウも二重幅の目尻側にのみに入れるのがポイント

 

また、“赤系カラー”を選ぶ際は真っ赤ではなく、「少し赤みがかった程度の柔らかい色を選ぶ」と馴染みやすくなります。

 

 

装いがシンプルになる夏こそ、肌色に合ったカラーメイクを取り入れることで華やかさを一段と高めたいところ。似合うカラー(寒色系)はもちろん、ぜひ参考にトレンドカラー(赤系カラー)にもトライしてアイメイクの愉しみを広げてくださいね。<text:Hiromi Anzai photo:本城直季(Naoki Honjo) メイク監修:岩下倫之>


border