beautyビューティー

スリムなのにグラマラスな体型をキープする秘訣

身長165cmで体重44kg。36歳女優のスリムなのにグラマラスな【若見え体型】をキープする秘訣

Twitter
LINEで送る

ピュアなベビーフェイスに反してスリムながらグラマラスなボディを持つ女性は男性ウケ最高な上に女性にとっても憧れの的。そんな憧れ体型を36歳になってもキープしているのが韓国の人気女優ユ・インナ。

 

出典:instagram

 

公称、身長165cmに44kgという彼女。その憧れ体型をキープする秘訣は一体何なのでしょうか?!

 

 

 

|数時間おきに水を飲むことを習慣にする

 

肌の水分量は一般的に40%が平均とされていますが、テレビのある美容番組で肌の水分量を計測したところなんと“50%超え”という結果が出て大変話題になったユ・インナ。白くてぷっくりとした潤いのある肌の秘密はとてもシンプルで「とにかく水を飲む」ことなのだそう。

 

 

水を飲むことが肌に良いとされていますが、それでも小まめに水を飲むのは忙しい日々を送っているとハードルが高いもの。そこで彼女は数時間おきにアラームを設定して、その都度水を飲むようにしているとのことです。

 

 

 

|簡単にできるトレーニングを習慣にする

 

プルプルの肌の持ち主かつベビーフェイスということも手伝って、タイトなシルエットの服も若づくり感なく着こなしているユ・インナ。オンナらしいS字カーブのグラマラスボディの賜物とも言えますが、そんな彼女が体型キープのために習慣にしているのが簡単にできるトレーニングです。例えば、彼女も実践しているタオルを使ったバストアップトレーニングを1つ紹介します。

 

(1)長めのタオルを一本用意して、端を両手に持って両腕を真上に上げる

 

th_11-2

 

 

(2)肩の位置を後ろに下げるようにして下がるところまで腕を下ろし、ゆっくりと息を吐きながら30~40秒キープする

 

th_11-point

 

この(1)、(2)を1日3セットを目安に行うというものです。もちろん、彼女はこれだけではなく多種にわたるトレーニングを習慣にすることで、キュッと引き締まったグラマラスなボディラインをキープしていると言います。

 

 

いずれも手軽にできるから即真似できること間違いなしですが、やはり習慣的に行うことが肝心です。ぜひ参考にして、年齢を感じさせない憧れ体型へとまた一歩近づけるように努力を続けていきましょうね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border