beautyビューティー

ズボラさんでも習慣にしやすいドローイン

ズボラさんでも習慣にしやすい。お腹の引き締めに効く簡単ながらエクサ”ドローイン”って?

Twitter
LINEで送る

食事制限とエクササイズを開始しても、余程の固い意志がない限り、なかなか毎日続けられないという方が少なくないはず。特に、忙しさや疲れのために継続して運動を続けるのは難しいものです。そこで今回はズボラさんでも簡単に続けやすいと言われる”ドローイン”というエクササイズ法を紹介します。

 

 

 

|簡単に続けられる”ドローイン”。その方法って?

 

ドローインは英語で「引っ込める」という意味。このエクササイズはその名の通り”お腹をへこませるだけ”の簡単エクササイズです。ドローインにはたくさんの種類がありますが、その中でも一番ベーシックで簡単なやり方を紹介します。

 

 

(1)背筋を伸ばして肩を開く

 

(2)鼻から息を吸う

 

(3)息を吐きながらお腹をヘコませ30秒キープ

 

目安としてはこの(1)〜(3)を朝と夜に各2回実践します。また、初心者さんに特にオススメのやり方は、この(1)〜(3)を壁に背中を付けた状態で行うやり方。背筋が自然と伸びるので、正しい姿勢をキープしやすいのです。また、お腹をヘコませた時に肘で壁を押すと効果がUPします。

 

 

 

|ドローインに期待できる効果は?

 

ドローインは体重を減量させるというより、ポッコリお腹を引き締めて、美しい見た目のウエストラインに導くエクササイズです。

 

 

 

ポイントは「正しい呼吸法で行う」こと。筋肉は形状記憶するので短期間で効果を実感できる方もいます。またインナーマッスルの強化にもつながるので、姿勢の改善や痩せ体質づくりにも役立ちます。

 

 

 

|覚えておきたいドローイン実践時の注意点

 

 

その他、ドローインを実践する時の注意点としては以下の5つがあげられます。

 

■正しい姿勢で行う

 

■実践時は呼吸とともに行い、呼吸を止めない

 

■お腹をヘコませている時に肩が上がらないように意識する

 

■食後すぐ(胃に食べ物がある状況で)はやらない

 

■丹田(おへその5〜9cm下のツボ)を意識して行う

 

特に重要なポイントは最初に挙げた『正しい姿勢で行う』ことです。

 

最初は慣れない動きで違和感を感じるかもしれませんが、「さあ運動するぞ!」と意気込まなくても通勤中の信号待ちの時や仕事中に一息ついた時、お風呂に入りながら、お料理をしながらと何かをしながら実践できるので、ぜひ習慣化しましょう。

 

 

 

今回紹介したドローインのような筋トレはウォーキングなどの有酸素運動と組み合わせることで”カロリー消費が40%程度アップする”とも言われています。ぜひ今から日常生活の一部に取り入れて、肌見せの季節までに美しいウエストを叶えてしまいましょう!


border