make upメイク

セミマット肌を実現する簡単メイクテク

内側モチっと表面サラサラ。簡単メイクテクで思わず触れたくなる“セミマット肌”を実現

Twitter
0
LINEで送る

がっつりとマットな印象に肌を仕上げるよりも、肌の内側には水分でモチモチ感を与えつつ、表面はサラサラにする“セミマット肌”が今春の気分。接近戦にも強く、思わず触れたくなる美肌に仕上がるので、デイリーだけでなくデートなどの大切なシーンにもってこいです。それでは早速“セミマット肌”を簡単に実現するメイクテクをチェックしてみましょう。

 

 

 

|用意するアイテムはこちら

 

用意するアイテムは4つ。コスメやツールは手持ちのものでOK(なければプチプラのコスメやツールでOK)です。

 

 

A:リキッドファンデーション、B:コンシーラー、C:ルースパウダー、D:ミスト

 

 

 

|思わず触れたくなる“セミマット肌”を実現する簡単メイクテク

 

(1)リキッドファンデをエアーパフで内側→外側へなじませる

 

 

下地の後、Aをフェイスライン以外の顔全体に指先でのせ、エアーパフで顔の内側から外側へたたきながら馴染ませます。

 

 

絶対にベターっとのばさず、“パフでたたく”ことがサラサラに仕上げるコツ。重ね塗りも厳禁です。

 

 

(2)クマ&くすみをコンシーラーでカバーする

 

 

ベースが終わったら目の下のクマを隠します。一番濃いところにBをたっぷりのせて、境目だけを外側へ優しくのばしてください。また、くすみやダークスポットもブラシやスポンジでカバーします。

 

 

(3)ブラシでルースパウダーをのせる

 

 

顔の広い部分を中心にCをのせます。フタに一度パウダーを出しておいて、ブラシでとったら手の甲を軽くたたくのがコツ。この一手間でブラシに適量のパウダーが残ります。また、ホコリをはらうように手の力を抜いて短く跳ねながらタッチしましょう。丸く転がしたりのばすのはNGです。なお、パウダーをのせすぎて目立つ部分はブラシの先で軽くはらってください。

 

 

(4)ミストを軽く吹きかける

 

 

サラサラになった肌にDを軽く吹きかけてパウダーを肌に軽く密着させます。パウダーパフのみで仕上げたときは必要ありませんが、(3)でブラシを使用したのでパウダーを肌にしっかり密着させるこの一手間も必須となります。

 

 

(5)ルースパウダーで境目をなじませる

 

 

パウダーパフにCをとり、まぶた、下まぶた、鼻周りにだけ境目ができないように優しくたたくようにのせて仕上げて完成です。

 

 

 

キレイに“セミマット肌”を仕上げる最大のポイントは、(3)のパウダーブラシの工程です。同じパウダーでもパフやスポンジでのせるのとブラシでのせるのとでは仕上がりが全く異なるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border