dietダイエット

ダイエットに役立つ痩せやすい体に導く簡単習慣

“運動なし”でもスタイルキープ。ダイエットにもお役立ち【痩せやすい体】に導く簡単習慣4つ

Twitter
LINEで送る

様々なダイエット法に興味を持っても、運動の伴うものだと「自分には無理…」と諦めてしまう方は少なくないと思います。でも、一方であまり運動をしていないようなのにスタイルを長年キープしている人もいます。そこで“運動なし”でもスタイルキープにつなげやすい【痩せやすい体】に導いてくれる簡単習慣をチェックしてみましょう。

 

 

 

|食事は野菜と魚中心のメニューで

 

日々の食生活による影響は年齢を重ねるとともに体型に現れやすくなるもの。そこでまず心がけたいのが自炊することです。そして“和定食”のように野菜と魚を中心にメニューを組み立てて、野菜・タンパク質・汁物・ご飯といった、いろいろな食材をバランス良く摂るように心がけることが大切です。

 

 

気になる炭水化物ですが、炭水化物は体を動かすためのエネルギーや脳、神経を働かせるために欠かせない栄養素。だからこそ単純にカットすることはせず、摂取する量を調節する(摂りすぎない)ことから始めてみましょう。また、和食の献立であれば、魚をはじめ納豆や豆腐、卵などタンパク質を摂取しやすいのもポイントです。

 

 

 

|白湯や水、炭酸水をしっかり摂る

 

普段から水や炭酸水を小まめに飲むことに加え、朝起きて一番に朝起きたら朝食を摂る前にコップ一杯の白湯を飲むのを習慣にするのもオススメ。

 

 

白湯を飲むことで体は内側から温まるので、内蔵の働きが良くなって老廃物を排出しやすい状態になります。また、むくみや便秘の予防する効果も期待できます。

 

 

 

|湯船でじっくり温まるようにする

 

暑い季節はシャワーだけでお風呂を済ませてしまう方も少なくありませんが、しっかり湯船につかることを心がけるだけでもダイエット面に好影響。疲れを癒すと同時に血行が促進されるので、体質改善や代謝UPにつながります。

 

 

また、湯船に浸かるのが苦手という方は、気持ち熱めのお湯(42℃程度)で半身浴をするのもオススメです。

 

 

 

|適度な運動を習慣として取り入れる

 

もちろんストレス解消のためにも運動は大切。ゆったりとした動きで、好きなTV番組を見ながら、音楽を聴きながらでも実践できるストレッチやヨガは特にオススメです。また、通勤や通学の際に“1駅分余計に歩く”ことなら習慣にしやすいはず。

 

 

さらに時間に余裕があるなら、週に1回でもジムへ出かけて運動したり、自宅周辺をジョギングしたりするのもオススメです。

 

 

このように毎日の食生活に気を配ったり、ダイエットに好影響な一手間を加えたりと、生活習慣を少し改善することでスタイルキープやダイエットにつなげることができます。「運動は苦手」を言い訳にせず、ぜひ実行に移してみてくださいね。


border