beautyビューティー

簡単ストレッチで鎖骨の浮き出たデコルテ美人に

バストラインの印象UP効果も。華奢見えボディに導く簡単“デコルテ”ストレッチ

Twitter
LINEで送る

薄着の季節は華奢見えするボディで過ごしたいものですが、もう1つ気になるのがバストラインの印象。印象アップのためにマッサージやエクササイズなど色々試している方は少なくないと思います。

 

そもそも華奢見えの第一条件とされるのがスッキリとした“デコルテライン”。そんなデコルテラインを手に入れれば、グッとバストラインの印象もUPするものです。そこで役立てたいのが、デコルテの中でも特に頭部を支える「胸鎮乳突筋」(横を向いた時に浮き出る首筋の筋肉)の柔軟性をキープさせるための簡単ストレッチ。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【胸鎮乳突筋ストレッチ】

 

(1)椅子やベッドに腰掛け、背筋を真っ直ぐ伸ばして胸元に両手を重ねて置く

 

_MG_0488

▲目線は真っ直ぐ正面に向けます

 

 

(2)そのまま頭を後ろに倒し、手のひらで胸元と鎖骨を下に伸ばすように軽く押し下げる

 

_MG_0492

 

 

(3)さらに下あごを斜め上につき出し、ゆっくりと息を吐きながら30~40秒キープする

 

IMG_1019

▲視線は動きに合わせて斜め上方向に向けます

 

 

1日あたり左右各3セットを目安に実践します。ただし、頭を振る動きになるので、頭や首にツラさを感じたらやめるようにしてください。

 

 

シンプルなストレッチ法ですが実際やってみるとデコルテ周辺の柔軟性が増して動きも軽くなるのを実感できるはず。デコルテ周りがムッチリしていると、どうしても肩幅が広く見えたり、大顔な印象になったり、年齢よりも老け見えしたりしてしまうものです。そんな状態を予防するためにも、ぜひ入浴後や寝る前の習慣に取り入れて“華奢見えボディ”を手に入れてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border