columnコラム

デニムを感度高めに着こなすなら薄色がお約束

出典:WEAR

今冬は“あえて薄色”が新鮮。ベーシックな【デニム】を感度高めに着こなすコツ

Twitter
LINEで送る

大人カジュアルの定番であるデニムは1年を通して活躍してくれますが、何にでも合わせやすいからこそ、毎シーズン変わり映えしないコーデになっている方も少なくないと思います。そこで今回は、今冬らしさを盛り込んだ新鮮なデニムスタイルを愉しむコツをお洒落さんたちのコーデから探ってみましょう。

 

 

 

|“あえて薄色”を選んで軽やかさをプラス

 

冬となるとインディゴやブラックなど濃いめのデニムを選びがちですが、今冬はあえてライトな“薄色デニム”をセレクトするのがお約束。軽やさが増すことで新鮮な印象にアップデートできます。

 

出典:WEAR

 

好相性なのがやさしい印象のベージュトップス。華やぎ感が増して大人度高めのデニムスタイルに仕上がります。今季はトップスをインするよりも出して着るのもポイント。上品な細めのベルトでウエストマークすれば、スタイルアップ効果も得られます。

 

 

淡色のカラートップスを合わせるのもオススメ。例えば、今季トレンドの淡いラベンダーカラーなら、可愛らしい印象のデニムスタイルに仕上がります。

 

出典:WEAR

 

ピンクだと可愛らしすぎてしまうという方も大人フェミニンに仕上がるので取り入れやすいはず。また、編み柄デザイン入りのたぽんとしたボリューム袖のニットと合わせると、よりイマドキ感が高まりますよ。

 

 

たっぽり感が可愛いボリュームトップスとレギンスを合わせるのもお洒落ですが、カジュアル感が強すぎると感じる方は少なくないと思います。そんな方にはレギンス感覚で履けるスキニーや細みのデニムがオススメです。

 

出典:WEAR

 

休日のリラックスコーデにもハマりますが、急な来客やちょっとそこまでのようなワンマイルコーデにもピッタリ。ただし、スウェットは袖や裾にデザインが入った部屋着感のないデザインを選ぶのもお約束です。

 

 

 

|濃いめデニムは足元やカラートップスで差をつける

 

もちろん定番の濃いめデニムも新鮮な着こなしを愉しみたいもの。そこでまず意識を向けたいのが、意外と気を抜きがちな足元です。

 

出典:WEAR

 

特に今季はフルレングスでもショートレングスでも好相性で、クールな大人の女性らしいデニムスタイルに仕上がるショートブーツとの合わせがオススメ。カジュアルなデニムにもきちんと感を演出できるので、ジャケットやノーカラーコート合わせでマニッシュに仕上げましょう。

 

 

また、濃いめデニムだからこそ「少し派手かも?」と躊躇しがちなカラートップスを合わせてもすんなり馴染んで新鮮さが引き立ちます。

 

出典:WEAR

 

インパクトある赤色もニットで取り入れればパキッとしすぎず柔らかな着こなしに。シンプルなコーデですが、赤色を差すだけでクラスアップしたコーデに即仕上がるのも嬉しいポイントです。

 

 

このようにマンネリになりがちなデニムスタイルもちょっとした工夫で今っぽさが増したスタイルにアップデートできます。ぜひ参考にして新たな印象づくりにトライしてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai>


border