columnコラム

ニットコーデを新鮮お洒落にアップデート

出典:WEAR

今“したい”お洒落な着こなし。定番【ニットコーデ】を新鮮にアップデートするテク

Twitter
LINEで送る

厳しい寒さの日が続き、ニットアイテムがコーデに欠かせない方も少なくないと思いますが、去年と同じようなコーデになってしまっていたり、着ぶくれして見えてしまったりと着こなしに悩んでいませんか? そこで今回は“ボトムス”に注目して、手持ちのニットアイテムでもお洒落度と鮮度が増すコーデテクをチェックしてみましょう。

 

 

 

|たっぽりボリュームニットは“軽やか素材のロングスカート”と好相性

 

ボディラインを拾わないたっぽりとしたボリューム感のほっこりニットには、真逆の印象を持つ軽やか素材のロングスカートを合わせて、女性らしさやドレッシーに仕上げるのが今冬の気分。また、素材感が異なるスカートを合わせることで、野暮ったくなく着こなせるため着ぶくれのお悩みも解消できます。

 

出典:WEAR

 

歩く度に上品に揺れるプリーツスカートは軽やかで広がりすぎないため、ボリューム感あるニットと合わせてもメリハリが出て好相性です。トレンドのチェック柄もプリーツスカートなら、カジュアルになりすぎずに女性らしく着こなせます。

 

 

光沢感のあるワッシャー加工のマーメイドスカートなら、ニットと正反対のヴィンテージ感がドレッシーな大人感を演出。

 

出典:WEAR

 

歩く度にランダムに揺れるイレギュラーヘムスカートのテイストミックスで、纏うだけでサマ見えして気分もグッと高められること間違いなしです。

 

 

 

|ニット素材のボトムスを合わせた“ニットonニット”でラフにキメる

 

特に今冬人気の高いニット素材のパンツやスカートをあえて合わせる“ニットonニット”スタイルなら、新鮮さがグッと高まり、統一感も出しやすくなります。

 

出典:WEAR

 

ベージュのワントーンコーデなら、着心地もラクちんなのに女性らしく優し気な雰囲気で着こなせて統一感もアップ。メイクやバッグ、ブーツの小物できちんと感を出せば、メリハリがついて大人感もしっかりとキープできます。

 

 

同素材の組み合わせだとシルエットがボヤけてしまいそうですが、ゲージ違いの合わせならすんなりと着こなしやすくなります。

 

出典:WEAR

 

ワイドパンツやレギンス合わせもいいですが、細身シルエットの裾がフレアになったパンツならイイトコどりでオンナらしい着こなしに。また、シューズも選ばないのも嬉しいポイントです。特に今季注目高いパープルのニットには白系のボトムスを合わせて、温かみのある華やかな印象に仕上てみてください。

 

 

 

|デニムは“カラーニット”を合わせてお洒落度も気分もUP

 

通年で定番のデニムスタイルには“カラーニット”を思い切って合わせるとお洒落度も気分もグッと高められます。

 

出典:WEAR

 

オススメは断然、赤。インパクトが強めだからこそラフに着こなせるデニムと好相性です。一点投入するだけでスタイリングの物足りなさを即解決してくれるだけでなく新鮮さまでプラスしてくれるので、定番デニムスタイルも異なる印象を愉しめます。

 

 

まだまだお世話になりそうなニットだからこそ、工夫しながら様々なスタイリングで愉しみたいもの。ぜひ参考にして、今冬のニットコーデを新鮮にアップデートしてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai>


border