beautyビューティー

ハミ肉のない後ろ姿美人に導く簡単エクササイズ

ハミ肉のない後ろ姿美人に。たるみを感じさせない華奢見えボディに導く簡単エクサ

Twitter
LINEで送る

肌見せの季節に向けてキレイな着こなしを叶えるためにも華奢見えするボディに整えていこうとエクササイズをスタートした方も少なくないと思います。ですが、意外と見落としてしまうパーツが“背中”。

 

そこで役立てたいのが、泳ぐような動きで背中周りの筋肉全体を鍛えることのできるピラティスの簡単ポーズ「スイミングプレップ」です。このポーズは背中の引き締めだけでなく、肩や背中、股関節などの柔軟性UPにも効果を期待できます。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

|ハミ肉のない後ろ姿美人に導く「スイミングプレップ」

 

(1)床や硬めのベッドの上にうつ伏せになり、手と脚を肩幅に開いて床から少し浮かす

 

▲お腹の筋肉を内側に絞るイメージで恥骨をマットにつけます

 

 

(2)体の位置を固定したまま、泳ぐように左右の手脚を交互に上下運動させる

 

 

▲右手を上げる時は左脚を上げ(上)、左手を上げる時は右脚を上げます(下)

 

 

呼吸(鼻から吸って口から吐く)は手脚を動かすタイミングに合わせて「吐いて、吐いて、吐いて、吐いて、吸って、吸って、吸って、吸って」とリズム良く呼吸をします。左右交互に8回の上下運動を1日4セットを目標に行いましょう。

 

 

なお実践時に下写真のように「単純に手脚をバタバタさせている」だけでは期待した効果が得られません。

 

 

実践時は「右手を上げる時は左脚を上げ、左手を上げる時は右脚を上げる」というルールを必ず守るようにしてください。

 

 

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの質が重要”とされています。回数を増やすのは呼吸と動きに慣れてきてからで十分です。最初は無理をせずゆっくりでも良いので目標回数を達成することから始めて背中のハミ肉予防に役立ててくださいね。<text:本田香 photo:カトウキギ ピラティス監修:SHIERI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴5年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border