beautyビューティー

バストの下垂予防に効果的な簡単エクササイズ

バストの下垂予防に効果的。縮こまったデコルテ周りをスッキリ解放する簡単エクサ

Twitter
LINEで送る

年齢を重ねるとともに「バストのトップ位置が徐々に下がっている」と感じている方は少なくないと思います。その大きな要因に挙げられるのが“肩が内巻き(巻き肩)状態”になってしまっていること。特にパソコンやスマホの使用する時間が多くなると、その状態は慢性化してしまうものです。

 

そこで定期的に実践したい簡単エクササイズが、椅子に座ったままでき、「三角筋」の前部と中部を鍛えることのできる【アーノルドプレス】。この筋肉を強化することで、肩をスッキリと開いた姿勢をキープしやすくなるだけでなく、バストのトップ位置が下がることの予防や、縮こまった印象のデコルテ周りをスッキリさせる効果も期待できます。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

 

【アーノルドプレス】

 

実践する際は安全に行うためにも座面が回転しない安定感のある椅子を使用しましょう。

 

 

(1)両手に500mlサイズのペットボトルを持ち、背筋を伸ばして浅く椅子に座って肩の高さに肘がくるように両腕を上げ、顔の正面で90度に曲げる ※手のひらは顔側に向けます

 

 

 

(2)90度に肘を曲げたまま、高さを変えないように胸と平行になるまで腕を開く

 

 

 

(3)(2)の状態から両腕を真上に万歳させる

 

 

 

(1)→(2)→(3)→(2)→(1)の順番で行って1回とカウントします。回数は1セット10回を目標に実践しましょう。なお、効果をしっかり得るためには、(1)、(2)のときに「直角に曲げた肘を必ず肩の高さでキープすることがポイントになります。肩がすくんで肘が落ちた状態で行っても十分な効果が得られない上に、体を痛めてしまう原因にもなりますので気をつけてください。

 

 

シンプルな動きのエクササイズですがしっかり三角筋に負荷がかかる運動ですから実践し始めたばかりの時期はツラいと感じるかもしれません。しかしながら続けていくことで徐々に鍛えた部分が強くなっていき、日を追うごとに楽に行えるようになっていくのも実感できるはず。ぜひ注意点を心がけながら実践して、“胸を開いた状態”をキープできる好印象なボディを手に入れると同時にバストの下垂問題も解消してくださいね。<photo:Akihiro Itagaki model:AO エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border