special reportスペシャルレポート

パワースポット宮崎・高千穂を満喫する旅

神聖な空気を全身で感じたい。国内有数のパワースポット【宮崎・高千穂】を満喫する旅

Twitter
LINEで送る

九州・宮崎県の北部、豊かな緑に囲まれた【高千穂(たかちほ)町】。単純に美しい自然景観を楽しむことができる場所として人気な上に、パワースポットとしてもよく知られる土地です。そんな高千穂の中でも人気のある「高千穂峡」や「国見ヶ丘」、そして必食のご当地グルメを紹介します。

 

 

 

|高千穂峡のシンボル的存在「真名井の滝」

 

高千穂の中でも、観光地として人気のあるスポットが「高千穂峡」。国の名勝・天然記念物に指定されています。

 

 

高千穂は大自然に囲まれていることから、美しい景色を楽しめるだけでなく、強いパワースポットとして知られている場所。町内の様々なスポットは日本神話と縁のある地とされ、“神話の里”と呼ばれることもあります。高千穂峡もそんなパワースポットの中の一つとされており、自然による癒しだけではなく、どことなく神聖な空気を感じられるような場所となっています。特に高千穂峡のシンボル的存在である「真名井(まない)の滝」周辺は、常に多くの観光客で賑わう見逃せないスポット。

 

 

「真名井の滝」は日本の滝百選の1つ。落差は17mとそこまで大きいというわけではありませんが、見ているだけで心が洗われるような気持ちになる不思議な力を持った滝です。季節によってはボートを借りて滝の下近くまで行くことができるので、訪問の時期が合っていれば乗ってみましょう。

 

 

なお、柱が何本も並んでいるようなこの地形は柱状節理(ちゅうじょうせつり)といい、峡谷の至る所で見られる高千穂峡の見所の1つ。高千穂峡はその昔、約12万年前と約9万年前に起こった阿蘇山の火山活動によってできたとされており、この地形はその際の名残と言われています。

 

 

 

|見晴らし抜群の「国見ヶ丘」

 

「真名井の滝」から車で10分ほど少し高いところへ上ると、見晴らしのいいスペースにたどり着きます。それが「国見ヶ丘(くにみがおか)」の展望台。

 

 

阿蘇の五岳や、大分と宮崎の県境に位置する祖母連山など、とても広い範囲を見渡せる開けた展望台となっています。ベンチも用意されているので、絶景を見ながら少し休憩するというにもピッタリな場所です。もちろん高千穂の山々や町を見下ろせる場所でもあり、2011年には「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で一つ星を獲得もしているという、とても評価の高いスポットです。

 

 

また、いつでも見られるわけではありませんが、気候条件が揃えば早朝に山々を覆う雲海が見られる名所としても知られています。9月中旬〜11月下旬にかけては特に雲海に出会う可能性が高い時期なので、その頃に訪問するなら早起きをして、絶景のチャンスを狙ってみるのもオススメです。

 

 

 

|宮崎が生んだ全国的人気メニュー「チキン南蛮」

 

最後に紹介するのは、宮崎のご当地グルメ「チキン南蛮」です。

 

 

チキン南蛮は今でこそ全国的に有名なメニューになっていますが、そもそもの発祥地はここ宮崎県。高千穂から東に向かったところの延岡(のべおか)市で原型が生まれ、現在では県庁所在地である宮崎市を始めとして、県内では数えきれないほどの店舗でチキン南蛮が提供されています。それはもちろんここ高千穂でも同じ。本場ならではのハイレベルなチキン南蛮を食べることができます。高千穂では珍しいオーロラソースで提供する食堂もあるので、ぜひ好みのものを探してみてくださいね。

 

 

高千穂の魅力といえばまずその豊かな自然ではありますが、至る所にパワースポットがあり、見所に溢れた町。

 

 

少々アクセスが良くないという点はありますが、それでも訪れる価値があると断言できます。一度は足を踏み入れてその神聖な空気を感じてみてくださいね。<text&photo:岡本大樹>


border