columnコラム

ベルトオンで着痩せ&コーデのアップデート

出典:WEAR

着痩せも叶う簡単テク。“ベルトオン”でいつものコーデをグッと新鮮に

Twitter
0
LINEで送る

春服を着るにはまだ寒い時期ですが、そろそろコーデにマンネリを感じている方も少なくないのではないでしょうか? そんな中途半端な今オススメのアイテムが“ベルト”。手持ち服にオンするだけでいつもと違った印象を愉しむことができますし、オシャレもスタイルアップも叶います。それでは即マネできるオシャレさんのベルトオンコーデを早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|手持ちトップスにベルトをオン!

 

まずは、トップスの上にベルトをオンしたコーディネートテクをチェックしてみましょう。

 

 

ヒップ丈くらいの長めニットカーディガンには、少しブラウジングさせてベルトをオンするのがポイント。

 

出典:WEAR

 

丈が長めのニットやカーディガンはベルトをオンすることで、ワイドパンツやマキシスカートとも合わせやすくなります。ニットカーディガンの下のみボタンを留め、上は開けてVネック風に。インナーの白Tを見せることで抜けもプラスされますよ。

 

 

 

タートルニット+オーバーサイズシャツのレイヤードスタイルも、ベルトオンでスタイルアップを叶えましょう。

 

出典:WEAR

 

ベルトをオンしてウエストマークすることで、オーバーサイズのシャツでも野暮ったくならず、大人っぽい印象に。ドットパンツやバレエシューズで甘さを足しつつ、ベルトは太めをチョイスしてクールさを演出すると、ミリタリーシャツでもバランス良く仕上がりますよ。

 

 

 

少し気温が高い日にトライしたいシャツとニットパンツコーデには、細ベルトをオン。

 

出典:WEAR

 

ベージュのシャツとマスタードカラーのニットパンツで春らしさを意識しつつも、シンプルな柄の施されたベルトでさりげなくアクセントをプラスするのがオススメ。細ベルトなら柄が入っていても派手になりにくく上品な大人感をアップしてくれます。

 

 

 

|ワンピースには“太め”or“デザイン”ベルトをオン

 

ストンと落ちるシルエットのワンピースには、太めやデザイン性のあるベルトをオンするのがオススメです。

 

出典:WEAR

 

Aラインやシルエットが出やすいニットワンピースには、ビスチェのようなサッシュベルトを合わせるとレイヤードスタイルに仕上がり、新鮮な印象を愉しめます。また、胸下からシメてくれてウエスト周りをカバーしてくれるのでスタイルアップ効果も期待できますね。

 

 

 

|コートにオンしてクラシカルにチェンジ!

 

コートにもベルトをオンするだけでアクセントがプラスされ、クラシカルな大人の雰囲気を愉しめます。

 

出典:WEAR

 

ポイントはウエストの高め位置でオンすること。大人感漂うロングコートもさらに上品さがグッと高まりますし、身長が低めな方でもバランス良い着こなしを実現できますよ。

 

 

 

このようにベルトオンするだけでいつもと違う雰囲気を演出でき、コーデのマンネリ解消への近道になります。さらに大人感やスタイルアップ効果も期待できるので、ぜひトライしてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai>


border