make upメイク

ホワイトペンシルで夏にハマる涼しげアイメイク

出典:DHOLIC

“ホワイトペンシル”が強い味方。夏にハマる【涼しげアイメイク】で凛と潤う目元印象に

Twitter
LINEで送る

ジメっとした梅雨や暑い夏であっても凛と涼しげな表情をキープしたいものですが、やはりポイントになるのがアイメイク。そこで強い味方にしたいのが“ホワイトペンシル”です。ホワイトペンシルと聞くとギャルメイクの代名詞のようで敬遠している方も少なくないかもしれませんが、“使用する場所と量”さえ気をつければ大人っぽい目元印象に仕上げることができます。それでは、夏にハマる【涼しげアイメイク】の手順を早速チェックしてみましょう。

 

 

なお、用意するコスメはこちらの5点。

 

 

A:パールなし バニラカラーのアイシャドウ、B:淡いパール入 ベージュのアイシャドウ

 

C:パールなし ホワイトペンシル、D:ブラウンのペンシルアイライナー、E:マスカラ

 

手持ちのコスメでOKですし、なければプチプラコスメで代用してください。

 

 

(1) Aを上まぶた全体にのせる

 

 

パールの入っていないバニラカラーのアイシャドウを上まぶた全体にのせます(眉下はのせなくてOK)。目元を明るく補正する程度で十分なので、のせすぎて白くならないように注意しましょう。

 

 

(2) Bを二重の幅の2倍程度の厚さで上まぶたにのせ、目頭から下まぶた全体にのせる

 

 

淡くパールの入ったベージュのアイシャドウを2、3度ほのかに重ねます。

 

 

その後、目頭にハイライトとしてのせます。なお、両目の間隔が狭い人はこの工程は省略してください。

 

 

(3)Cでインラインを描く

 

 

パールの入っていないホワイトペンシルを使って粘膜の赤みをカバーします。描くのはあくまで粘膜で、下まぶたにはみ出さないようにミニマムに抑えましょう。鏡でbefore/afterを比べるとその違いは歴然。涼しげで潤いのある目元に仕上げるポイントとなります。

 

 

(4)Dで涙袋の下にラインを描く

 

ブラウンのペンシルアイライナーで涙袋の下に下まぶたに沿うようにラインを描きます。微笑んだときに涙袋が目立つようにすること、ペンシル本体が顔につくようにペンシルを横に倒して描くことが成功の秘訣です。

 

 

(5)Dで上まぶたの粘膜とまつ毛の間の隙間を埋める

 

 

まぶたを持ち上げてブラウンのペンシルアイライナーで粘膜をしっかり埋めます。

 

 

その後、同様まぶたを持ち上げてまつ毛の隙間をしっかり埋めます。粘膜(赤い点)とまつげの根元(青い点)が埋まればOKです。

 

 

(6)上下のまつ毛をビューラーで上げマスカラをのせたら完成

 

 

涙袋をナチュラルにぷっくり強調することが、涼しげだけどナチュラルで柔らかい雰囲気の目元を作るコツなので、ベースメイクで肌のトーンをいつもよりすこし明るく作るとよく馴染みます。ポイントはホワイトペンシルはパールなしのものを使用すること、そして目頭から下まぶたを明るく強調してアイラインを見えないように描くことの2つになります。ぜひトライしてみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border