columnコラム

ボアコートをオンナ度高めに着こなすコツ

出典:WEAR

ONもOFFもトレンド顔。今季マストハブ【ボアコート】をオンナ度高めに着こなすコツ

Twitter
LINEで送る

冬のコーデはアウターが主役になるので、羽織るだけで旬な装い完成できるアイテムが重宝しますよね? そこで今季コーデにマストで取り入れるべき旬アイテムの1つ、もふもふであったか可愛い【ボアコート】をオンナ度高めに着こなすコツをチェックしておきましょう。

 

 

 

|オンナらしくキレイめに着こなすポイントは?

 

一見カジュアルな印象のボアコートですが、襟の形や丈感などで女性らしさがプラスできます。

 

出典:WEAR

 

例えば、上写真のような“ストレートなシルエット”ならスッキリとした印象で自然とオンナらしい雰囲気に。また、ノーカラーのデザインをチョイスすることで様々なインナーに合わせやすいのも嬉しいポイントです。デコルテラインをキレイに見せるトップスと合わせてワントーンで仕上げれば、今っぽさバツグンの上品コーデを完成できますよ。

 

 

モコモコ感がたまらないボリューミーなタイプは“ロング丈を選ぶ”のが鉄則。Iラインが協調されて大人っぽく着こなせます。

 

出典:WEAR

 

特にオススメは優しい印象に見えるキャメルカラー。シンプルなコーデでもパサッと羽織るだけでゴージャスで華やぎ感がアップし、オンナらしさをしっかりとキープできます。

 

 

 

|スポーティテイストはモード&ギャップでオンナ度UP

 

今季トレンドのスポーティテイストのコーデにもボアコートは相性バツグンです。

 

出典:WEAR

 

アウトドアテイストらしいムード感漂うボアジャケットは、あえてレディなスカートなどドレッシーなアイテム合わせが◎。ギャップが生まれて、大人の遊び心が程良い抜け感を演出してくれますし、防寒対策もしっかりしながらお洒落を愉しめます。

 

 

ブラックのボアコートなら、グッと引き締めてくれてモードなスポーティスタイルに。上にボリュームをもってくることでバランスよく着こなせます。

 

出典:WEAR

 

オールブラックでもボアのもこもこ感がキメすぎないスタイルに仕上げてくれますが、小物でアクセントをつけて遊び心をプラスすると重たくなりすぎないですよ。

 

 

 

|1着で2つの印象が愉しめる2wayタイプで賢く着回し

 

リバーシブルの2wayタイプなら、1着で2つの印象が愉しめ、その日の気分に合わせたコーディネートが完成できます。

 

出典:WEAR

 

ボアコートとキルティングコートの2wayタイプなら、ボアコートでトレンド感バツグンなカジュアルスタイルに、キルティングコートでキレイめな印象に。また、首回りがスッキリとしたVネックを選んで少し後ろに抜いて着ると、どちらで着てもオンナらしさをしっかりとキープできますよ。

 

 

もふもふで包まれ感が可愛いボアコートは防寒対策もバツグンなので寒さ知らずのお洒落を愉しめること間違いなし。ぜひ今季のアウター選びの参考にしてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai>


border