columnコラム

出典:ZOZOTOWN

セールで狙うべき2着目アウターは“ボアコート”。大人っぽく着こなす2つのコツをチェック

Twitter
LINEで送る

いろんなショップでセールがスタートして買い物欲がますます高まっている方は少なくないと思いますが、やはり冬のセールといえば定価高めのアウター特に狙い目。2着目アウターを買い足すなら、これからの時期も大活躍間違いなしの“ボアコート”が断然オススメです。早速ボアコートを大人っぽく着こなす2つのコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

【コツ1】キレイめorクールに仕上がるカラーをチョイスする

 

ボアコートを大人っぽく着こなすために大切なのが「カラー選び」。例えば、一般的にコンサバになりがちな“白”のアイテムを選べば、ボアコートの素材感といい塩梅で着こなすことができます。

 

出典:ZOZOTOWN

 

カジュアルなデザインでもロング丈をチョイスすればキレイめコーデとも相性抜群。全身をキレイめに仕上げて、あえてアウターで外しラフな着こなしを叶えることで、グッと大人の抜け感を強調できます。

 

 

 

また、クールに着こなすなら今季はカーキやモスグリーンが狙い目です。

 

出典:WEAR

 

スッキリとしたノーカラータイプのボアコートならカーディガン感覚でサラッと着られるのも嬉しいポイント。インナーは極力シンプルにして、ボアコートのボリューム感を主役としたコーデで今季トレンドのゆるずるっとしたシルエットを愉しみましょう。

 

 

 

【コツ2】形や丈感で野暮ったさを抑える

 

そして、もう1つのボアコート選びのコツは、形や丈感によって野暮ったさを抑えること。まず狙うべきは今季トレンドのロング丈です。

 

出典:ZOZOTOWN

 

足首くらいまでのロング丈なら裾に動きが出てくれるので、軽やかでエレガントな印象とスッキリシルエットを叶えやすくなりますよ。

 

 

 

また、ハンサムな印象を与えてくれるカッチリとしたテーラードタイプもオススメ。

 

出典:ZOZOTOWN

 

サッと羽織るだけでボア素材ならではの完璧すぎない抜け感あるスタイルが仕上がります。また、ノーカラータイプが多いボアコートですが、テーラードタイプをチョイスすれば周りとも差がついた着こなしを愉しめますよ。

 

 

 

ベルトでウエストマークしてガウンコート感覚で着るのもオススメ。

 

出典:WEAR

 

レザーベルトでウエストマークすると横に広がるボリューム感を抑えることができると同時に、ウエスト位置が高く見えてスタイルアップ効果を期待できます。デニムにショートブーツを合わせた大人カジュアルから、ワイドパンツを合わせてカチッとさせたキレイめスタイルまでオンオフで活躍してくれそうです。

 

 

 

トレンドのファーコートよりもカジュアルな素材感のボアコートなら普段コーデに取り入れやすいはず。また、何より軽くて防寒性が高いのも魅力ですよね?! 色やデザインで大人感を手軽に演出できるので、ぜひお買い得なこの時期に2着目アウターとしてワードローブに取り入れてみてくださいね。<text:Hiromi Anzai top image出典:ZOZOTOWN


border