make upメイク

マイナス3歳の肌印象を叶える簡単メイクテク

アレの位置を見直すだけでOK。“マイナス3歳の肌印象”を叶える超簡単メイクテク

Twitter
10
LINEで送る

アイメイクやリップメイクは、新しいアイテムやメイク法を取り入れて楽しんでいる人が多いと思います。トレンドや気分によって変化がつけやすく、アップデートしやすいのがアイメイクとリップではありますが、“マイナス3歳の肌印象”を手に入れるためには、⚪︎⚪︎の位置を見直すだけでOKなんです。

 

 

 

 

|何を見直せば“マイナス3歳の肌印象”が叶う?

 

その答えはズバリ「チーク」。振り返ってみると、メイクの見直しをするときにチークまで考える機会は少なくありませんか? まずは、下の2枚の写真を見比べてみてください。

 

th_桃色

 

 

 

th_IMG_0481_01

 

写真はほぼ同時期の同一人物でヘアスタイルや表情の違いはありますが、1枚目の写真の肌感の方がフレッシュで瑞々しい印象、「若く見える!」のではないでしょうか?

 

そのポイントはチークを入れる場所。2枚目の写真はいわゆるスタンダードな位置(頬骨の一番高いところ)にチークを置いたもの。それに対して1枚目の写真はスタンダードな位置よりさらに上、「目の下と頬骨の中間」を中心にチークを入れています。

 

 

 

そうなんです。若見えな印象のメイクを実践しようと思うと、ベースメイクやポイントとなりそうなアイメイク、リップの色味にだけ意識が向いてしまうものですが、「チークの位置」をいつもより上の位置に置くだけで“マイナス3歳の肌印象”が叶うというわけです。今すぐできるホントに簡単なテクなので、早速試してみてくださいね。

 

 

text:kanacasper(カナキャスパ)(映画・カルチャー・美容ライター/編集者)

編集を手がけた韓国のカリスマオルチャン、パク・ヘミン(PONY)のベストセラー メイクBOOK待望の第2弾『わたし史上いちばん”盛れる”♥ 秘密のオルチャンメイクⅡ』(Sweet Thick Omelet/DVD付/¥1,500・税別)が好評発売中。

 

メイク画像出典:『“かわいい顔”はつくるもの!秘密のオルチャンメイク』


border