make upメイク

メイクで卵型フェイスを作る顔型補正テク

グッと大人っぽく正統派の美人顔に。メイクで【卵型フェイス】を作る顔型補正テク

Twitter
LINEで送る

キュートな童顔メイクを楽しめる丸顔も可愛いものですが、大人っぽい魅力が溢れる卵型の顔は、いかにも「正統派の美人!」という感じで憧れますよね?! そこで丸顔が悩み、顔が横に広く見えてしまうことがコンプレックスという方に試してもらいたいのが“顔型補正メイク”です。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

用意するコスメは、

 

A:明るめのコンシーラー、B:暗めのコンシーラー

 

と2色のコンシーラーになります。

 

 

(1)おでこに縦長の逆三角形でハイライトをのせる

 

 

明るめのコンシーラーをおでこの中央に縦長に逆三角形の形にのせます。両方の眉頭の間から上に行くほど広がる逆三角形をイメージしてください。

 

 

(2)眉頭〜鼻先までハイライトをのせる

 

 

明るめのコンシーラーを眉頭から鼻先までのせます。鼻筋の横幅は自分の鼻に合わせて調整してください(鼻筋が細い方は太く、太い方は細く)。

 

 

(3)上唇&あごにハイライトをのせる

 

 

上唇の山に上写真のように明るめコンシーラーをのせ、あごにもあごの先端に近いほど鋭くなる逆三角形の形で明るめのコンシーラーをのせます。

 

 

(4)頬にハイライトをのせる

 

 

目の下部分に、眉尻からあごの先端まで引いた線の外側に出ないように明るめのコンシーラーで縦長の逆三角形を描きます。線から外側に大きくはみ出ると顔が左右にもっと広く見えてしまうので注意しましょう。

 

 

(5) フェイスラインに暗めのコンシーラーをのせる

 

 

暗めのコンシーラーをこめかみからあごの先端まで垂直に近いイメージでのせます。のせる領域が太くならないように注意しましょう。また、垂直に近づけるほど顔がより細くシャープに見えるようになります。

 

 

(6) シェーディングをこめかみとおでこ上部の生え際にのせる

 

 

暗めのコンシーラーを左右のこめかみとおでこ上部の生え際の3ヶ所にのせます。こめかみにシェーディングを入れることで、(1)で入れたハイライト部分がより目立ち、おでこが立体的に見えるようになります。

 

 

(7)ハイライトをのばしていく

 

 

(1)でおでこにのせた明るめコンシーラーはスポンジでトントンとたたくようにのばしていきます。

 

 

(2)で鼻筋にのせた明るめコンシーラーはスポンジで上から下へとゆっくりトントンたたきながら境目をぼかしていきます。

 

 

(3)であごにのせた明るめコンシーラーは逆三角形の形を崩さないように注意しながらスポンジで軽くたたいて馴染ませます。

 

 

(4)で両頬にのせた明るめコンシーラーも形を崩さないように注意して、スポンジで軽く跳ねるようにたたいて境目をぼかします。

 

 

(8)シェーディングをのばしていく

 

 

(5)であごのラインに長くのせた暗めのコンシーラーはスポンジで顔の内側から外側へポンポンとたたいて顔の外側に向かってのばします。また、(6)でおでこにのせた暗めのコンシーラーはスポンジで左右に軽く馴染ませて境目をぼかします。

 

 

以上で終了です。いわゆる“卵型フェイス”にするには、ハイライトとシェーディングで逆三角形をつくるように骨格を補正していくことがポイント。縦に長くハイライトを入れて、顔の長さが伸びたように見せていくと同時に、細長くシャープに見せるよう心がけるとキレイに仕上がります。ぜひトライしてみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border