columnコラム

人気スタイリストが直伝。ユニクロ“ダウン”の格上げコーデ術でオシャレな防寒対策を

Twitter
LINEで送る

今から本格コートは早いけれど、ライトアウターでは少し肌寒く感じるときは、ユニクロのダウンが強い味方。そこで、今回はモデルや芸能人たちからも絶大な支持を集めているスタイリスト亀恭子さん直伝のオシャレにダウンを着こなすコーデ術を教えてもらいました。早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|上手に“奥行き感”を演出してインナーダウンを取り入れて

 

コートの下にインナーとして合わせるなら「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」がピッタリ。薄いのに防寒性が高いので着膨れの心配がないのが嬉しいポイントです。さらに大人っぽくオシャレに着こなすならコーデに“奥行き感”を出すのがコツとのこと。

 

 

ポイントはアウターの配色に強弱をつけるカラーのインナーダウンを選ぶこと。グレーのワントーンコーデのときには、白のインナーダウンを合わせると陰影効果で全体がスッキリとした印象になるそうです。また、ベージュのアウターにはブラウンを選んでみましょう。

 

 

 

|ベーシックなダウンジャケットは“フェミニンさをプラス”して今感を演出

 

ベーシックなダウンジャケットはアウターとトップスを同色にして、トレンド素材を合わせたテイストミックスするのが今っぽく着こなすコツ。

 

 

ダウンジャケットの襟元がマニッシュなので、裾が長めのトップスやベロア素材のワイドタイプのボトムスをレイヤードしてフェミニンさをオンしてみましょう。また、ダウンジャケットの袖を捲り上げてボリューム感を出すとよりこなれた印象になりますよ。

 

 

 

|カジュアルなダウンパーカーは“華やかカラー”で差をつけて

 

スポーティなパーカー付ダウンジャケットはカジュアルになりがちなので華やかなカラーをチョイスするのが大人っぽく着こなすコツ。

 

 

今季のトレンドカラーでもあるパープルなら女性らしくオシャレに着こなせます。インナーはアウターに合わせて濃淡カラーミックスすれば上品に仕上がりオシャレ感もUP。デニムを合わせたカジュアルコーデには、シューズやバッグで華やかさをオンすればバランス良く着こなせますよ。

 

 

 

|ロング丈のダウンコートは“インナー選び”がオシャレ見えの鍵

 

ヒップラインまですっぽりと隠してくれるダウンコートはインナー選びがオシャレ見えのポイントに。

 

 

コートというと無難なモノトーンを合わせたくなるところですが、インナーにデニムジャケットなどを合わせる際はワインレッドのような上品カラーをチョイスしてカラーミックススタイルを取り入れてみましょう。また、アウターと同系色のベレー帽をオンすれば、バランスの良いフレンチテイストなコーデを愉しめますよ。

 

 

 

|本格派ダウンコートは“モノトーンコーデ”でキレイめの印象に

 

寒さが増してくると本格ダウンコートがいよいよ大活躍。でも、トレンドのアスレジャーアイテムとは言え、どうしてもカジュアルな印象になりがち。

 

 

そんなときは全体的にモノトーンにもとまて大人感をキープしましょう。タイトスカートを合わせたり、小物で差をつければ上級感もアップ。アスレジャー×キレイめテイストコーデで冬のオシャレに差をつけてくださいね。

 

 

 

ダウンというとカジュアルなイメージがありますが、亀恭子さん流の着こなしポイントをしっかり取り入れれば大人っぽさも女性らしさも叶えることができます。ぜひ毎日のコーデに取り入れてみてくださいね。

 

 

モデル・スタイリスト:亀恭子、撮影:遠藤優貴(MOUSTACHE)、 ヘアメイク:RYO(ROI)、text:Hiromi Anzai


border