columnコラム

ユニクロ“ブラトップ”を正しくケアする3つのコツ

コラボアイテムも続々。人気のユニクロ“ブラトップ”を正しくお手入れするコツ3つ

Twitter
LINEで送る

楽ちんにキレイなバストラインを叶えてくれると人気のユニクロの「ブラトップ」。インナーとして着用したり、トップスとして1枚で着用したりとデイリーコーデに役立てている方も少なくないと思います。特に今季は新デザインも多く登場してさらに着回し力も向上していますが、中でも注目なのが人気ブランドとコラボアイテム。それでは早速、注目のコラボアイテムをまとめて紹介します。

 

 

 

|ユニクロ初の本格的リゾートウエアコレション「tomas maier and uniqlo」

 

 

ファッションブランド「トーマス・マイヤー」とコラボしたブラトップはフロリダの太陽にインスパイアされた夏に映えるハッピーなデザインが魅力。胸元のリボンがフェミニンな魅力をグッと高めてくれますよ。 ※2018年5月中旬発売

 

 

 

|伝統の美しさと気品あるデザインが魅力の「Studio Sanderson for UNIQLO」

 

By kind permission of Sanderson,a trading name of Abaris Holdings Ltd

 

ボタニカルプリントのファブリックを使用したレディな雰囲気満載のブラトップワンピは、華やかで気品が溢れるパターンとシルエットで様々なシーンに馴染んでくれます。荷物を極力減らしたい旅行時にもオススメですよ。

 

 

 

|フレンチシックなリゾート感たっぷり「UNIQLO × PRINCESSE tam・tam」

 

 

フランスを象徴するウィメンズブランド「プリンセス タム・タム」とのコラボしたブラトップはキュートなクロスバックキャミソールとタンクトップ。リゾート感たっぷりなやしの木柄やフレンチレトロな小花柄など、柄見せする着こなしがオススメです。 ※フレアのクロスバックは2018年6月中旬発売予定

 

 

このように様々なシーンで大活躍してくれそうな魅力的なアイテムが続々と登場しているブラトップ。せっかくですから、お気に入りのブラトップを長持ちさせるための「正しくお手入れするコツ」も合わせてチェックしてみましょう。

 

 

【お手入れのコツ①】カップを長持ちさせるために“洗濯ネット”を使用する

 

 

洗濯の際に生地が伸びたり引っ張られたりしないように“洗濯ネット”に入れて洗濯しましょう。また、洗濯前にはカップをきれいに形を整えて、シワが寄っていたり、カップが潰れていないかもチェックしてみてください。

 

 

 

【お手入れのコツ②】ストラップが伸びないように“折って”干す

 

 

ストラップをハンガーに吊るす干し方だと水分を含んだ重みでストラップが伸びてしまうことがあるので、カップ下で“半分に折って”ハンガーの柄に干すようにしましょう。また、きれいな形をキープするためにも乾かすときは“自然乾燥”が鉄則です。

 

 

 

【お手入れのコツ③】カップの型崩れを防ぐために“3つ折り”で畳んで収納する

 

 

畳むときにカップが潰れてしまうとシワや型崩れの原因になるので、カップの型崩れを防ぐためにも収納の際は“3つ折り”にするのがオススメ。3つ折りに畳んでおけば、収納時は上に重ねても縦に並べてもOKです。

 

 

以上3つが基本になります。ぜひ参考にして、日々のお手入れに活用してみてくださいね。


border