columnコラム

ユニクロ&guでオンナ度高めのコーデをつくるコツ

出典:WEAR

デートシーンにも大活躍。オンナ度高めのコーデを【ユニクロ】&【GU】でつくるコツ

Twitter
LINEで送る

ベーシックからトレンドまで今欲しいアイテムがお手頃な価格で手に入る【ユニクロ】&【GU】。その魅力的なアイテムの数々は、もちろんコーデをオンナ度高めに仕上げるためにも欠かせません。そこで今回は日々のコーデをさらに充実させるべく、今冬抑えておくべきアイテムとオンナ度高めの着こなしのコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

【ユニクロ】計算づくしのデザイン“着回し力優秀アイテム”に注目

 

トレンドレスに使えるユニクロのアイテムはコーデをよりお洒落に高見えさせるのに最適。そのためにも計算づくしのデザインの着回し力優秀アイテムをきちんと手に入れておきたいところです。

 

 

まずは英国ブランドJW ANDERSONとのコラボラインから、フェミニンなムードをグッと盛り上げてくれるフレアスカート。

 

出典:WEAR

 

ダークグリーンの落ち着いた色合いとキレイなシルエットが大人感を高めてくれます。そんな大人っぽフレアスカートはフィット感のあるリブニットやショートブーツを合わせて、スカートを主役にしたスタイリングがオススメです。

 

 

続いてはベーシックだからこそどんなテイストでも相性が良く、履き心地抜群、さらには脚長に見せてくれるシンプルなウルトラストレッチジーンズ。

 

出典:WEAR

 

スッキリした形は今冬トレンドのクロップド丈のざっくりニットとも好相性。レオパード柄のシューズでアクセントをつければ、イマドキ感たっぷりのこなれた大人カジュアルスタイルに仕上がります。

 

 

最後はフェミニンなシルエットとモコモコの素材感が今冬らしいボアフリースコーディガン。

 

出典:WEAR

 

全体を柔らかい色味で馴染ませることで、オンナらしさ高めの着こなしにまとまります。またボリューム感のあるアウターを羽織る際は、着ぶくれを防ぐためにもシルエットが広がりすぎないボトムスと合わせるのもポイントです。

 

 

 

【GU】トレンド要素の詰まった“今旬アイテム”に注目

 

トレンドをきちんと位抑えたアイテムが豊富なGUなら旬のスタイリングが作りやすいので、いつもとはちょっと違うテイストにも手軽にトライしてみましょう。

 

 

まずはフロントボタンと落ち感のあるシルエットで着痩せまで叶うコーデュロイスカート。

 

出典:WEAR

 

カジュアルなイメージのコーデュロイは、オンナっぷりを高めるならホワイトがベスト。ブラウンのリブニットときれいめ小物でまとめれば高見えする着こなしに仕上がります。

 

 

続いてはサイドポケットと裾に入ったスリットがスッキリとしたシルエット演出してくれるリブニットワイドパンツ。

 

出典:WEAR

 

トップスはインしてシルエットをコンパクトに抑えて、ショート丈のマウンテンパーカーやダウンを羽織ればトレンド感たっぷりのリラックスコーデに。パンツは淡色、トップスは黒やネイビーなどダークな締め色の組み合わせはスタイルアップ効果も抜群です。

 

 

ゆるめのビックシルエットが旬のスタイルだからこそ、アウターにメンズアイテムを取り入れるのもアリ。そこで注目したいアイテムがメンズのチェック柄コートです。

 

出典:WEAR

 

グッと抜き襟で着こなして、ボリューム感のあるタートルネックを合わせることで、肩のドロップ感やボリュームスリーブのような雰囲気も相まってイマドキ感たっぷりのシルエットに。ただし、オーバーサイズのアウターは着ぶくれにつながりやすいので、コーデ全体を同系色でまとめつつシューズや小物に締め色を合わせるのも着こなしのポイントになります。

 

 

ちょっとした着こなしのコツを抑えておくだけで、ベーシックな着回し力高めのアイテムからトレンドアイテムまでオンナ度高めの着こなしを実現できます。ぜひ参考にしてみてください。


border