beautyビューティー

ヨガの簡単ポーズで女っぽボディを育成

生理痛の緩和にもオススメ。丸みカーブを描く女っぽボディを育む簡単ポーズ

Twitter
8
LINEで送る

日頃から女性らしいボディラインを叶えるために努力を重ねている方は少なくないと思いますが、せっかく手に入れるなら単にスリムではなく女らしい丸みカーブを描くボディラインを実現したいもの。

 

【セツバンダアーサナ】

 

そこでオススメのヨガの簡単ポーズが「セツバンダアーサナ」。お腹をしっかり伸ばすこのポーズはウエスト周りだけでなく、ヒップアップや子宮を含めた内臓機能を整えるのにも効果的。普段、生理痛のツラい方や産後の方にもオススメですよ。

 

 

 

|セツバンダアーサナ

 

 

(1)膝を立てて仰向けになり、両足は握りこぶし一つ分ほど間を開ける

 

(2)腰を天井方向にできる限り浮かせる

 

(3)下についた両手を背中の真後ろで組み、腰の位置を3呼吸以上キープする ※かかとが膝の真下に来るようにして、膝を開かないように注意しましょう

 

※(3)のキープが終わったら、ゆっくり(1)の姿勢に戻します。なお、姿勢をキープする際の呼吸数は「3呼吸以上」を目安に体調に合わせて増減させてください。

 

※実践することで生理痛を即やわらげる効果を得られるわけではありません。生理期間中は無理をして実践しないよう注意してください。

 

 

 

もし体勢がツラい場合は、下写真のように体の下で手を組まず、手のひらで体を支えるようにすると比較的楽にポーズをキープできます。

 

 

この場合も腰が落ちてしまったり、膝が開いたままになったりしないように気をつけてくださいね。

 

 

photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年。サップヨガなど多様なレッスンが好評を呼んでいる)


border