beautyビューティー

リフトアップ&デカ目を叶える小顔マッサージ

シワの予防や緩和に効果も。リフトアップ&デカ目を叶える“小顔マッサージ”を毎日の習慣に

Twitter
4
LINEで送る

少しずつ薄着や露出が増えてくる季節だからこそスッキリとした印象でいたいものですが、緩んだボディラインやフェイスラインにお悩みの方は少なくないと思います。そこで今回は自宅でのんびり実践できる簡単“小顔マッサージ”を徹底解説。リフトアップやデカ目といった効果だけでなく、シワの予防や緩和、さらには肩こりやむくみ取りなどの効果も期待できますよ。

 

 

 

|リフトアップ&デカ目を叶える“小顔マッサージ”

 

手順は全部で8つになります。(1)から(8)までを一連の流れとして順番に行うとより効果的です。また「優しく心地よい強度」で行いましょう。

 

 

(1)おでこ(横ジワの予防・緩和)

 

 

中指と薬指でおでこの中心を上に向かって引っ張ります。片手を離さずにもう片方の手で同じ動きを続けてください(3〜6回ほど繰り返す)。

 

 

(2)おでこ(縦ジワの予防・緩和)

 

 

両手の人差し指、中指、薬指の三本をおでこの中心に当て、こめかみまで引っ張る感じで広げていきます(3〜6回ほど繰り返す)。

 

 

(3)まぶた(眼精疲労の緩和)

 

 

まぶた(眉と眼球の間)に薬指、中指、人差し指を当て、「薬指→中指→人差し指」の順に1本ずつ軽く当てていきます(3〜6回ほど繰り返す)。 ※眼球は押さないようにしてください

 

 

(4)眼球(眼精疲労の緩和)

 

 

眼球全体を温めるような感覚で、薬指、中指、人差し指を1本ずつ軽く圧をかけます(3〜6回ほど繰り返す)。

 

 

(5)目の下(クマの予防と緩和)

 

 

目と頬骨の間を薬指、中指、人差し指で軽く押します(3〜6回ほど繰り返す)。 ※眼球は押さないようにしてください

 

 

(6)鼻(鼻を高く、鼻づまりの緩和、鼻軟骨歪みの調整)

 

 

人差し指の第2関節で鼻の脇の頬骨を押します(3〜6回ほど繰り返す)。

 

 

(7)あご(リフトアップ、むくみの緩和)

 

 

人差し指と中指の第2関節で顎の骨をはさみ耳に向かってスライドさせます(両サイドを各3〜6回繰り返す)。

 

 

 

(8)リンパ流し

 

 

こめかみを人差し指と中指で押し、

 

↓↓↓

 

 

頭蓋骨の下の凹み部分(首の上の少し後ろ)を人差し指と中指で押し、

 

↓↓↓

 

 

同位置から手をグーにして第2関節で首の付け根に向かってスライドさせます。

 

↓↓↓

 

 

続いて手をグーにして鎖骨の下側を内側から外側に向かってグリグリします(続けてもう片方もこめかみから鎖骨まで一連の動きを行います)。

 

 

簡単にできるマッサージにも関わらず高い効果を発揮するので、ぜひお風呂上がりや就寝前などのリラックスしている時にのんびりと気持ちよく実践して“小顔キープ”に役立ててみてくださいね。<text:下重佳奈子 Kanako Shimoshige photo:本城直季 model:山下嘉織 経絡体操監修:大関正人(東京・神保町「禅指圧整体療術院」医院長。海外で広く知られている『Zenshiatsu(禅指圧)』のノウハウを基礎に、日本武術の整法、操体法等の技術を用いて行なう施術が好評を集めている)>


border