hairヘア

レングス別メイク映えするヘアスタイリング

出典:@hair.cm/桜井隆太/chobii/プロデューサー

モテ髪の中のモテ髪を実現。レングス別で✓【メイク映え】するヘアスタイリングのコツ

Twitter
LINEで送る

肌の美しさを際立たせたり、オンナらしさを一層引き立てたりと、モテ髪作りの上で大切なポイントとなるのが“メイク映え”するヘアスタイリングになります。そこで今回はミディアムヘア、セミロング、そしてロングヘアとレングス別に今シーズンのトレンドをきちんと抑えたスタイリングのコツをチェックしてみましょう。

 

 

 

【ミディアムヘア】揺れ髪スタイリングで気になるフェイスラインをカバー

 

ミディアムヘアにおいてポイントとなるのが“揺れ髪スタイリング”。柔らかく揺れる髪と頬に落ちる影でフェイスラインをカバーすることで、小顔感がグッと引き立ちます。

 

出典:HAIR

 

フェミニンなゆるウェーブのスタイルなら、スタイリング剤を使って少しウェットな質感に仕上げてふんわり感を抑えるのがポイント。また、サイドの髪は長めに残しておくとアクティブな外ハネもオフィスにぴったりな内巻きも愉しめ、どんなコーデでも相性良くまとまりやすくなります。

 

 

なお、まとめ髪にする際は後れ毛とサイドの髪でふんわり顔を包み込むことで透明感を演出しましょう。

 

出典:HAIR

 

輪郭やその日のコーデの雰囲気に合わせて、結ぶ位置を変えたり後れ毛の量を調整することで洒落感UP。なお、高い位置にお団子を作るのが「幼見えしそう」と抵抗を感じる場合は、ローポニーにしてからお団子にすると大人感を醸すスタイルに仕上がります。

 

 

 

【セミロング】何も手をかけていないシンプル感をあえて醸すが◎

 

セミロングでメイク映えするヘアスタイルに仕上げる際にポイントとなるのが、あえてシンプルにスタイリングすることになります。

 

出典:HAIR

 

シンプルなナチュラルストレートは赤リップとの相性抜群。それだけでメイクがパキッと映え、オンナらしさや芯のある強さを演出できます。また、ストンと真っ直ぐ落ちる髪が頬周りをさりげなくカバーしてくれるので、ほっそり小顔効果も期待できるのも嬉しいポイントです。

 

 

少し変化を持たせるなら、髪色をトーンアップすることもさり気なくメイク映えを引き出す一手です。

 

出典:HAIR

 

伸ばしかけの髪や毛量が多いセミロングは重くなりがちですが、トレンドのベージュカラーなど柔らかみのある色味のヘアカラーでほんのりトーンアップすれば軽やかさが生まれます。さらに、顔周りのみなど毛先に動きをプラスすると程良く抜け感がプラスされ、よりメイクの印象が引き立ちます。

 

 

 

【ロングヘア】前髪なしのスタイルでヘルシーさを強調

 

オンナらしさ際立つロングヘアは“前髪を作らない”スタイリングでヘルシーさを強調するのがメイク映えさせるためのお約束。

 

出典:HAIR

 

ストレートでもゆるウェーブでもポイントになるのが“脱力感”。今季トレンドのヌーディーカラーのリップとも、オレンジやイエローなどカラーメイクとも、太眉とも相性が良く、顔だちの美しさをシンプルに際立たせてくれます。

 

 

重見えする雰囲気もある強めウェーブを施した外国人風ロングヘアなら、かきあげ前髪を合わせて適度にボリューム感をコントロールしましょう。

 

出典:HAIR

 

ふわっとかき上げるようにスタイリングした前髪でちょっぴりセクシーな印象をON。頭の形や髪の量に合わせて調節しつつお似合いのバランス感を見つけましょう。また、より軽やかさを出すならレイヤーを髪の内側にしっかりと入れるのがオススメです。

 

 

このようにアレンジ自在なミディアムヘア、セミロング、ロングヘアはシンプルなスタイリングをベースにトレンド要素を取り入れれば、自然とメイク映えするスタイル作りが叶います。ぜひ参考にオンナらしさを引き立てる“モテ髪の中のモテ髪”を手に入れてくださいね。


border