beautyビューティー

下半身の引き締めに効く一挙両得の簡単エクサ

ムチっとした下半身を引き締め。動作を変えるだけでOK“一挙両得”2つの簡単エクサ

Twitter
LINEで送る

ムチっとした下半身は本当に悩みの種。特に肌見せの季節は「どのように隠すか?」が目下の課題に感じている方は少なくないと思います。そこで実践したいのが、そんなムチッと感の元凶“太ももとお尻”の引き締めに効果的な2つの簡単エクササイズです。

 

しかもこの2つのエクササイズは椅子に座ったまま行え、しかも動かす方向を変えるだけなので、覚えておくと役立つこと間違いなし。早速やり方をチェックしてみましょう。なお椅子を使用するエクササイズを実践する際は、安全に行うためにも座面が回転しない安定感のある椅子を使用してください。

 

 

 

【太もも引き締め】レッグアダクション

 

内腿を引き締め、理想の太ももラインに近づけてくれるために鍛えたい「内転筋」に効くエクササイズです。

 

 

(1)背筋を伸ばして浅く椅子に座り、膝を直角に曲げ、足を床から浮かせる

 

(2)そのままの姿勢で内ももの筋肉を意識しながらゆっくり膝を開いて、開き切ったら力を抜いて膝を閉じる

 

(1)〜(2)の開閉を1回とカウント。1セット10回を1日あたり1~2セットを目安に実践します。

 

 

 

【お尻引き締め】レッグアブダクション

 

お尻を引き締め、理想の上向きヒップに近づくために鍛えたい「中臀筋」と「筋膜張筋」に効くエクササイズです。

 

 

(1)背筋を伸ばして浅く椅子に座り、膝を直角に曲げ、足を床から浮かせて膝を開ききる

 

(2)そのままの姿勢で太ももの外側の筋肉を意識しながらゆっくり膝を閉じて、閉じ切ったら力を抜いて膝を開く

 

 

(1)〜(2)の開閉を1回とカウント。こちらも1セット10回を1日あたり1~2セットを目安に実践します。

 

 

2つのエクササイズともに効果をしっかり得るためには「椅子の座面や肘掛けに頼らずに体幹を一直線にキープする」こと、そして「鍛えるべき筋肉のみに意識を向けて足先はラフな状態をキープする」ことになります。

 

 

エクササイズ中に上写真のように猫背の状態になると十分な効果が得られない上に、体を痛めてしまう原因にもなりますので「背筋をまっすぐキープして行う」ことを心がけましょう。

 

 

1セット1〜2分程度で行える手軽さでスキマ時間にも実践できるのも嬉しいポイントです。ぜひ日々実践して、ムチッと感に悩まされることのないキレイな下半身のラインへと整えていきましょうね。<photo:Akihiro Itagaki model:AO エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border