special reportスペシャルレポート

世界有数の花火大会など新潟・長岡の見どころ

棚田の絶景もご当地グルメも。世界有数の花火大会と共に愉しみたい新潟「長岡」の見どころを✓

Twitter
LINEで送る

新潟県長岡市といえば多くの方が思い浮かべるのが花火大会でしょう。新潟に行ったことがないという方でも世界有数の花火大会が開催されているということはご存知だと思います。今回はそんな長岡の見どころを今年開催された花火大会の模様と合わせて紹介します。

 

 

 

|長岡大花火大会って…そんなにすごいの?

 

長岡の花火大会は毎年8月1日〜8月3日に行われる「長岡まつり」のメインイベント。初日は灯籠流しなどが行われる平和祭で、後の2日間に「長岡大花火大会」として開催されます。

 

 

花火の打ち上げ数は2日間で2万発、観客は100万人を優に超えると言われており、日本三大花火の一つに数えられています。

 

観覧場所は交通の要所である長岡駅から歩いて20分ほどですし、関越自動車道「長岡I.C.」から会場が近いということも、その人出に関係しているかもしれませんが、一度でもその花火大会の様子を目の前で見れば100万人もの観客が集まる理由がわかると思います。

 

 

何と言っても開始直後からかなり大迫力な規模で花火が打ち上げられるのが魅力。一般的には花火大会というと、最初は比較的おとなしいものから最後のフィナーレに向けてどんどん打ち上げのスピードを上げていきラストを迎えるものですが、長岡ではそんな常識は通用しません。

 

 

例えばこちらの写真を見ていただければお分かりかと思いますが、花火大会の開始からそれほど時間が経っていない、まだ夕焼け空が残っているというタイミングでこれほどの量の花火が上げられるのです。「まだまだ序盤だから」と油断していると決定的な瞬間を見逃すことになりかねないので、ご注意くださいね。

 

 

そして終盤を迎える頃、さらに大会が盛り上がる特別な花火が上がります。

 

それが「フェニックス」という花火。これは元々は2004年に新潟を襲った自然災害(水害・震災・豪雪)からの復興を祈願して始められたものでした。

 

 

その「復興祈願花火フェニックス」の魅力は何と言っても超ワイドに打ち上がる横の広さと上がり続ける時間の長さです。6ヶ所から打ち上げられる花火は平原綾香さんの大ヒット曲『Jupiter』に合わせて、なんと5分間も続くのです。もちろん写真ではその迫力の一端しか感じられないと思うので、ぜひ一度生で観覧することを強くオススメします。

 

 

 

|珍しい山村「山古志」の景色

 

さて、そんな花火大会が人気の長岡ではありますが、少し山側へ出かければ棚田の絶景を見ることができる「山古志(やまこし)」という地域があります。

 

 

新潟では、十日町など棚田の美しい景色を持つ場所が他にもありますが、ここ山古志が珍しいのは棚田と一緒に「棚池」を見られる点です。

 

棚池とはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、山古志に並ぶこの池は錦鯉を養殖するための池。山古志は錦鯉発祥の地で、現在でも名産地として多くの錦鯉を養殖している場所なのです。そのため周りの田んぼは青々しい季節になっても、まるで田植え前の田んぼのような姿を見ることができます。

 

 

青空の下でも写真映えしますし、朝焼けの時間帯であれば美しく赤く染まる空を映した棚池が神秘的な景観を造り出します。なお、毎年冬には水が抜かれて錦鯉も池上げされるので見ることができませんが、その他のシーズンであれば棚田+棚池というとても珍しい絶景を愉しむことができますよ。

 

 

 

|ご当地グルメは“洋風”のカツ丼?!

 

最後に紹介するのは長岡のご当地グルメ「洋風カツ丼」です。通常のカツ丼と違い、豚カツにソースがかかっています。ソースの味はケチャップベースであったり、デミグラスだったりとお店によって様々。

 

 

しかも、丼といいながらも出てくるのはお皿というのも特徴です。あまり見慣れない料理なので抵抗がある方もいるかもしれませんが、昭和初期から愛される名物の一皿なので、長岡に訪問の際はぜひ一度ご賞味ください。長岡市内の喫茶店やレストランなど、いろいろな場所で提供されているので好きな味のお店を探すというのも楽しいですよ。

 

 

 

|花火の魅力はもちろん、その他にも訪問しがいのある長岡の街

 

 

全国的に知られている花火大会は、地元新潟県民をして「一生に一度は見た方がいい」と言わしめるほど。一度でも見に行った方ならばその言葉に頷いてくれることでしょう。また花火以外でも山古志の景色や洋風カツ丼など、まだあまり知られていない見どころが詰まった場所でもあります。そんな長岡の街に足を運んで、あなたに響く魅力をぜひ発見してみてくださいね。<text&photo:岡本大樹>


border