dietダイエット

世界的モデルも実践するエクサでパーツ痩せ

抜群の引き締め効果。世界的モデルも実践する“地味だけど効くエクサ”でシェイプアップ

Twitter
5
LINEで送る

女性から見ても憧れの美ボディをキープし続ける人気セレブたち。その中でも特に、世界中の誰もが羨む完璧ボディの持ち主といえば、長年第一線で活躍するスーパーモデルのジゼル・ブンチェンでしょう。

 

 

ヨガやボクシング、そして時にはコスタリカにある短期間のブートキャンプに行ってボディメイクをしているという彼女ですが、ブートキャンプで指導しているジル・ペイン氏によれば、必ず行っている地味ながらも絶対的な引き締め効果が得られるエクササイズがあるそう。そこで今回は、彼女が欠かさないエクササイズを紹介します。

 

なお、今回紹介するエクササイズは30秒行うごとに10秒休憩し、各3回行うのが目安となります。

 

 

 

【お腹を引き締め】マウンテンクライマー

 

 

まずは、腹筋にアプローチする有酸素運動「マウンテンクライマー」。やり方はプランクのポジションになり、そこから走るようなテンポで、片足ずつ交互に胸に近づけていくという運動です。

 

 

 

【脚の引き締め】アイススケーターエクササイズ

 

 

脚の引き締めに効果的なのがこの「アイススケーターエクササイズ」。スピードスケートを滑っているように、片足で全体重を支え、次にジャンプし、別の足に体重移動させていきます。右足で体重を支えている時は左手の指先が床につくように、左足の際は右手の指先が床につくように、体の重心を低くして行うのがポイントです。

 

 

 

【お尻の引き締め】ボックスランナー

 

 

ヒップアップに効果的なのがこの「ボックスランナー」。ひざ下程度の高さの踏み台を用意し、その上に片足を置き、床についている方の足を走るようなペースで胸の方へ近づけては離すを繰り返します。また同時に足の動きに合わせて、両腕も前後に動かします。背中はまっすぐ、上半身はできる限り動かさずに固定しておくのがポイント。

 

 

 

【下半身の引き締め】フェイク・スクワットジャンプ

 

 

スクワットしてから、ジャンプをする“スクワットジャンプ”。しかし、ペイン氏のバージョンは、ジャンプする姿勢を作るも、実際にはジャンプしないのが特徴。スクワットしたら、ジャンプするように両腕と体を思い切り上に伸ばし、つま先立ちに。それからスクワット、つま先立ちを繰り返しましょう。

 

 

 

【全身の引き締め&体幹トレーニング】ベンチジャンプ

 

 

ジム用の踏み台を用意し両手でしっかり端を持ったら、下半身を右、左とサイドにジャンプしていくだけ。腕はまっすぐをキープ、またコアに意識を向けましょう。

 

 

 

これらのエクササイズを実際にチャレンジしてみると分かると思いますが、シンプルな運動ながら、かなりキツイはず。だからこそ、きちんと続けていけば、ジゼルのような美しいボディラインに近づけるのも頷けます。今年の夏までに引き締まった女性らしいボディラインを目指すなら、今からコツコツとこれらのエクササイズを行ってみては?

 

 

text:ピーリング麻里子


border