beautyビューティー

二重あご&首シワ予防に効く顎クイストレッチ

実年齢よりも若見えする秘訣。二重あご&首シワ予防に効く“顎クイ”ストレッチ

Twitter
0
LINEで送る

ふと鏡に映った自分の顎のラインや首のシワに驚いた経験を持つ方は少なくないと思います。たしかに首周りは年齢の出やすいパーツとは言え、しっかりケアして実年齢よりも若見えな印象をキープしていきたいもの。そこで今回は楽にできて二重あご&首シワ予防に効果的な簡単ストレッチをチェックしてみましょう。

 

 

 

|キーワードは“顎クイ”。二重あご&首シワ予防に効く簡単ストレッチ

 

二重あご&首シワ予防に効果的なストレッチは、体の硬さのレベル別に2種類のやり方があります。自分の体の硬さに合わせて実施しましょう。

 

 

■体が硬い人向けのストレッチ法

 

(1)床にあぐらをかいて背筋を伸ばして座り、片方の手のひらを逆サイドの鎖骨の少し下に置く

 

 

 

(2)手のひらで鎖骨を軽く押さえながら、顎をクイっと斜め上方向に持ち上げてゆっくり息を吐きながら30秒キープして元の姿勢に戻し、反対側も同様に行う

 

 

 

 

(3)両手をクロスさせて手のひらを鎖骨の少し下に置き、顎をクイっと真上方向に持ち上げてゆっくり息を吐きながら30秒キープして元の姿勢に戻す

 

 

 

 

このストレッチを行う際に注意すべきポイントは「手のひらを置く位置」になります。

 

 

上写真のように首に置いて行っても首の筋肉を十分に伸ばすことができず、期待した効果が得られないので、必ず「手のひらを“鎖骨の少し下”に置く」ことを心がけて実践しましょう。

 

 

 

■体が柔らかい方向けのストレッチ法

 

(1)床にうつ伏せに寝て、両肘を立てて上半身を持ち上げる

 

 

 

(2)顎をクイっと真上方向に持ち上げてゆっくり息を吐きながら30秒キープして元の姿勢に戻す

 

 

 

(3)顎をクイっと斜め上方向に持ち上げてゆっくり息を吐きながら30秒キープして元の姿勢に戻し、反対側も同様に行う

 

 

 

 

このストレッチを行う際に注意すべきポイントは「肘を常に床に着けた状態で行うこと」になります。

 

 

上写真のように実践時に肘が床から離れてしまうと首の筋肉を十分に伸ばすことができず、期待した効果が得られないので、必ず「肘を床から離さない」ことを心がけて実践しましょう。

 

 

 

二重あご&首シワ予防はこんな簡単なストレッチで叶えることができます。ぜひ実践して、いつまでも実年齢よりも若見えする首周りのラインをキープしていきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:野月愛莉(Dr.ストレッチ錦糸町店トレーナー/トレーナー歴6年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border