fashionファッション

今季らしいライダースジャケットの着回しテク

出典:WEAR

キレイめにもカジュアルにもハマる。今季らしい“ライダースジャケット”の着回しテク

Twitter
LINEで送る

カジュアルからフェミニン、レディ、モードなど、どんなスタイルにもハマり安心感のある着こなしが叶う優秀さが魅力のライダースジャケット。流行り廃りがないからこそ、今季らしいエッセンスをプラスすることで即今っぽくアップデートできます。それでは早速、基本の黒ライダースジャケットの今季らしい着回しコーデをチェックしてみましょう。

 

 

 

|パンツスタイルは“ディテール”でトレンド感をオン

 

今季トレンドの代表的アイテムであるグレンチェック柄のパンツに合わせるだけで、即今季っぽいコーデが完成できます。

 

出典:WEAR

 

そのクラシカルな印象は、まさに今季っぽさ全開。ハードなデザインのライダースジャケットなので、コンパクトサイズをチョイスすることで女性らしさをしっかり演出しましょう。また、スニーカーを合わせてカジュアルダウンしてバランス良く着るのがオススメですよ。

 

 

 

定番のデニム×ライダースジャケットスタイルは、太めにロールアップしたデニムでトレンド感をプラスしましょう。

 

出典:WEAR

 

マニッシュかつカジュアルになりがちなので、白のレースブラウスなどの甘めアイテムを投入するのが着こなしのポイントです。さらにベレー帽でクラシカルな印象を演出すれば今季っぽい大人カジュアルコーデが完成しますよ。

 

 

 

|スカートスタイルは“色や素材感”で華やかさをオン

 

大人可愛いフレアスカートとライダースジャケットの組み合わせは甘辛コーデの代表スタイルですが、今季っぽさを出すなら深みのあるグリーンでクールな印象をプラスしましょう。

 

出典:WEAR

 

自然と引き締まった印象になり、こなれ感もアップします。定番の形のダブルライダースジャケットであっても、ハードな印象になりがちなウエストベルトなどを省いたミニマルなデザインをチョイスして女性らしく着こなしてくださいね。

 

 

 

シフォンならではのひらひらとなびくアシンメトリーな裾がエレガントさを演出してくれるワンピースもライダースをオンすることで甘さを緩和できて丁度良いバランスに。

 

出典:WEAR

 

ピンクのバッグとヒールを合わせても可愛くなりすぎず、フェミニンでクールな印象が愉しめますよ。

 

 

 

|寒さが厳しくなってきたら“ロングコートの下”にオン

 

ロング丈×ワイドパンツのゆるっとしたスタイリングがトレンドの今季はロングコートも注目アイテム。そんなロングコートの下にカーディガン感覚でライダースジャケットを着こむのもオススメです。

 

出典:WEAR

 

ライダースジャケットにも防寒性があるので、ニット以外の薄手トップスを合わせてもOK。コートは女性らしいブラウンやベージュなどの柔らかい色味を合わせれば上品さがプラスされた着こなしが叶いますよ。

 

 

 

1着ワードローブ入りしていると着回しが効くライダースジャケットは大人女子の頼れるアイテム。トレンドアイテムをプラスするだけでアップデートできるので今季だけでなく来年も再来年も長く愉しめます。ぜひ自分の体型にベストマッチのアイテムを手に入れておきましょう。


border