columnコラム

今季トレンドローヒールミュールの魅力

エフォートレスな大人感を引き出して。今季トレンド”ローヒールミュール”の魅力

Twitter
LINEで送る

足の露出部分が多いミュールは、パーティーシーンにも使える春夏アイテムというイメージがありますが、最近は靴下とミュールを合わせたコーデも定番化してきて、幅広く使えるアイテムとなってきました。そんなミュールの中でも今季トレンドとなっているのが”ローヒールミュール”。エフォートレスな大人のカジュアルコーデにピッタリなので、早速デザインのバリエーションをチェックしてみましょう。

 

 

 

|着回し力抜群の”シンプルなVカット”は今季マストハブ

 

出典:ZOZOTOWN

 

ローヒールは「足が短く見えてしまうかも」と心配の方も安心なのが、足元をきれいに見せてくれて脚長効果も期待できるVカットのローヒールミュール。デニムでもスカートでもワンピースでも合わせやすい着回しの良さが魅力です。光沢のある革タイプやエナメルタイプ、温かみのあるスエードなど素材によっても印象が変わってくるので、何種類か持っておくと様々なシーンで使い分けられますよ。

 

 

 

|フェミニン感や華やかさを求めるならピンヒールタイプを

 

出典:ZOZOTOWN

 

ローヒールでもフェミニン感や華やかな印象を演出したい方は、ピンヒールのタイプをチョイスしてみましょう。高いピンヒールは歩きにくかったり足が疲れたりしますが、ロータイプのピンヒールならそんな心配も少なくなります。また、ローヒールでもミュールの存在感を出したい方は、印象的なデザインのものを選んでみることもオススメ。シンプルコーデに映えるアクセントになりますよ。

 

 

 

|大人カジュアルな印象の”スリッパタイプ”もオススメ

 

出典:ZOZOTOWN

 

ミュールというとレディーな印象が強く、カジュアルやスポーティーなファッションが好きな方は合わせにくい印象がある方もいるでしょう。そんな方は”スリッパタイプ”がオススメ。かかと部分がないことでこなれ感も演出でき、履くだけでイマドキな大人カジュアルなコーデが完成しますよ。

 

 

 

|歩きやすさ重視なら”チャンキーヒール”をチョイス

 

出典:ZOZOTOWN

 

ヒールには様々な種類がありますが、今年は太めのしっかりとしたチャンキーヒールが特にトレンド。バリエーションも豊富です。バックストラップがないミュールだと細いヒールは歩きにくくて苦手という方も、このチャンキーヒールなら歩きやすいはず。歩きやすさも重視しつつオシャレにキメたいならぜひ一足手に入れておきましょう。

 

 

 

大人カジュアル感を演出したい、コーデを少しカジュアルダウンさせたい、こなれ感と女性らしさの両方を演出したい、そんな時にはぜひローヒールミュールをチョイスしてみてください。ただし、バックストラップなどがない分カジュアルな印象が強くなりますからフォーマルの場では適さない点は注意しましょうね。

 

 

top image出典:WEAR


border