columnコラム

今季抑えておきたい4つのファー素材アイテム

出典:WEAR

今こそ“ファー素材”愉しんで。今季抑えておきたい4つの旬アイテムは?

Twitter
LINEで送る

10月に入って秋も本番。コーデも本格的に秋冬仕様にアップデートしていきたいもの。でも、まだ昼間の気温が高い日もあってどんなコーデが良いか悩ましい時も少なくないと思います。そこでオススメしたいのが“ファー素材”のアイテムたち。早速、今季抑えておきたい4つの旬アイテムをチェックしておきましょう。

 

 

 

|存在感のある“ファーバッグ”で季節感を演出して

 

アウターや厚手ニットなどをまだ着こまなくてもいい身軽なコーデを楽しみたい日は、存在感を発揮できるファーバッグは外せません。

 

出典:WEAR

 

全身が爽やかな色合いのコーデでもファーバックを合わせるだけでグッと秋モードに。コロンとしたフォルムが可愛らしいトートバッグタイプの場合、持ち手を交差させて持つのがポイントです。

 

 

 

|冬まで着回したい“ファーベスト”

 

カットソー×デニムの定番シンプルスタイルにファーベストをプラスするだけで、いっきに秋っぽい雰囲気に。

 

出典:WEAR

 

上半身にボリューム感が出るのでシンプルなコーデでも品良く華やかに仕上がるのが魅力です。気温差が難しい今の季節でも合わせやすいアイテムですが、コートの中に着こんでもオシャレな上に防寒対策もできるので冬まで着回しできますよ。

 

 

 

|今季マストなニットコートもファーをオン

 

秋のアウターにピッタリなニットコートも、袖部分にファーをあしらったデザインならそれだけで主役級に。

 

出典:WEAR

 

部分的にファーが施されているだけで存在感が増し、コーデのアクセントになります。ニットコートにベルトをオンしてワンピース風に着れば、よりオシャレ度もアップしますよ。

 

 

 

|パンプスは素肌を見せてファーとの質感の対比を愉しんで

 

春夏や秋口に人気だったファーサンダルもパンプスにチェンジしてさらに秋らしさをオン。

 

出典:ZOZOTOWN

 

すっきりとしたポインテッドトゥに上品なファーがさりげなくあしらわれたデザインならキレイめに履きこなせます。秋は素肌を見せて履き、ファーとの質感の対比を愉しむのが着こなしのポイント。ファーが取り外し可能なタイプを選べばオールシーズンOKなので、季節に合わせて履き回しも可能ですよ。

 

 

 

このようにファー素材の小物を上手に取り入れるだけで今っぽコーデが即完成します。今の季節だからこそ愉しめる着こなしでファーの魅力を存分に堪能してくださいね。

 

 

top image出典:WEAR


border