hairヘア

今春ダークトーンヘアカラーで洒落感upするtips

出典:@hair.cm/GARDEN harajuku 細田

こなれた色味で洒落感UP。春トレンド【ダークトーンヘアカラー】を満喫するTIPS3つ

Twitter
LINEで送る

少しずつ変化していくヘアカラーのトレンド。今季は“透明感”を残しつつ、“トーン暗め”の【ダークトーンヘアカラー】の注目が高まっています。清楚感や落ち着いた印象を演出できるだけでなく、様々な雰囲気のファッションにも合わせやすいので、さらに人気は拡大するはず。それでは、今季の装いをクラスアップしてくれる注目髪色を満喫するコツを早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|オンナらしい優しさを演出するなら“ベージュ”をベースに

 

暗髪でホッとするようなオンナらしい優しさや温かみを醸すなら“ベージュ”をベースにするのがオススメ。黒髪よりもやや明るいけれどシックな印象に仕上がるので、どんなファッションにも合わせやすく、髪色を変えてイメチェンしたい方にもトライしやすいのが魅力です。

 

出典:HAIR

 

グレージュに少し青みの加わったブルージュは、親しみのある雰囲気だけど、どこか知的な感じのする髪色。モノトーンやネイビー、グレーなどのきちんと感のある色味の好きな方に特にハマります。「青系の髪色」と聞くと少しガードル高い印象もありますが、目立ちすぎることなく、大人のこなれ感を引き立ててくれます。

 

 

一方、少し甘い雰囲気を演出するならピンクの色味を纏ったピンクベージュがオススメ。

 

出典:HAIR

 

ピンクの愛らしさを優しげなベージュにプラスすることで、思い切りフェミニンな装いにもしっくりハマります。「ただトーンが暗めだけだと重たい印象になるかも」と心配な方も、ほんのり色っぽさ薫る色味なら安心して取り入れられるはずです。

 

 

 

|洗練度を底上げするなら“アッシュ”をベースに

 

日本人の髪に出がちな黄色みや赤みを抑えて大人っぽさや洗練された雰囲気をクラスアップするなら“アッシュ”をベースにした暗髪がオススメ。ナチュラルな色味に仕上げても、どこか上品な雰囲気にまとまります。

 

出典:HAIR

 

しっとりした質感はもちろんのこと、光の当たり方によって抜け感や透明感まで感じさせてくれるので、くすみ感のあるペールトーンカラーやこっくりした色味の装いに合わせることで、髪色がもたらす洗練された雰囲気で表情も引き立ちます。

 

 

洗練された大人っぽさの中に愛らしさを一匙加えるなら、今季のトレンドカラーでもあるラベンダーの色味をほんのり加えてみてください。

 

出典:HAIR

 

大人っぽいこなれた雰囲気と同時に洒落感も品格も自然とUP。また、スタイリング時に揺れ感のある毛先ニュアンスをプラスすれば、洗練度にさらに磨きがかかります。

 

 

 

|暗髪の魅力をもっと引き出すなら“ハイライト”や“グラデーション”を

 

落ち着き感のある暗髪は「おとなしい雰囲気にまとまってしまいそう」と不安な方は、立体感や奥行き感、そして髪の動きを強調するためにも“ハイライト”や“グラデーション”など対比効果が生まれる一工夫をプラスしてみましょう。

 

出典:HAIR

 

ブリーチしたり明るいカラーを入れたりして髪の一部分を明るくする“ハイライト”なら、地毛のような雰囲気のダークトーンの髪色にまるで光をまとっているような透明感を演出できます。縦に明るいハイライトを一筋入れるだけでもアクセントになってお洒落度もグッと引き上がります。

 

 

立体感や奥行き感、そして髪の動きをより強調するなら“グラデーション”がオススメです。

 

出典:HAIR

 

トップは暗めで毛先に行くに従って明るくなるようにカラーリングするだけで遊び心をプラス。毛先を軽やかな印象に仕上げてくれるので春夏の装いに相性抜群でお洒落度を自然と引き上げてくれます。

 

 

このように一工夫を加えるだけでよりファッショナブルな魅力を開花させてくれるダークトーンのヘアカラーは自分らしさを演出する上でも大活躍間違いなし。ぜひ似合う色味の暗髪で今季もお洒落に過ごしてくださいね。


border