beautyビューティー

体側を伸ばす簡単ポーズで脇腹のたるみ予防

脇腹の“たるみ肉”スッキリ。体側を伸ばす簡単ポーズでキレイなウエストラインを育んで

Twitter
6
LINEで送る

血行を促進させて代謝を上げるヨガは呼吸で体を内側から温めるので、日夜の温度差で崩れやすい自律神経を整えたり、エアコンなどによる冷えの予防にもとても効果的とされています。つまり、酷暑の夏こそヨガがオススメなのです。

 

そこで初心者でも自宅で簡単に実践することができ、なおかつ女性の悩みに効果的なポーズを「ゼロヨガ」のインストラクター・TOMOMIさんに分かりやすく教えてもらいました。

 

 

 

|体側を伸ばしてウエストラインをキレイに整える「パリガアーサナ」

 

なかなか落としにくい脇腹の“たるみ肉”が悩みの種という方は少なくないと思います。そこで実践したいヨガの簡単ポーズが、体側を伸ばす「パリガアーサナ」。腹筋、腹部のたるみ予防にもつながり、引き締まったウエストライン作りに役立ちます。また、内臓機能を整える効果や骨盤や股関節などのリフレッシュ効果も期待できますよ。

 

 

(1)膝立ちをして、片足を肩の真下に置き、もう片足は横に開いて伸ばす ※伸ばしている方の足裏は床に全部つけます

 

(2)膝で立っている方の手で体からなるべく遠くに弧を描いて、開いている足の方向に脇(体側)を伸ばす ※斜め上に引っ張られるような感じで行います。また、弧を描かない手の方は膝の上に軽く置いておきましょう

 

(3)3呼吸以上キープして元の姿勢に戻し、反対側も同様に行う

 

※姿勢をキープする際の呼吸数は「3呼吸以上」を目安に体調に合わせて増減させてください

 

 

 

このポーズのポイントは「骨盤と胸を常に正面に向けておく」こと。

 

 

上写真のように胸が開いていない状態ではポーズの効果を得られません。腹筋周りが重心になるように、そして体を倒し切った時も胸が正面を向けたままでキープするよう心がけてください。

 

 

 

また、この基本ポーズができる方(慣れて来た方)は、下写真のような体側を伸ばした後にもう片方の手を頭上で合掌するポーズにもトライしてみてください。よりポーズの効果が高まります。

 

 

この場合も「骨盤と胸を常に正面に向けておく」ことがポイントになります。

 

 

 

|ヨガポーズの効果を高める3つのポイント

 

(1)鼻呼吸(最小限にエネルギー消費を抑え外部からの細菌を取り込まないリラックス呼吸法)で行う

 

(2)筋肉や内臓、神経レベルに効かせるために「3呼吸以上」はポーズをキープする

 

(3)食後すぐには行わず、2時間ほど経ってから行う

 

また、ポーズをとる際には必ず安定した平らな床で行ってください。もし自宅にあればヨガマットを使用することをオススメします。

 

 

毎日少しの時間でもヨガをしながら自分自身と向き合うために捻出することで自信も身についていくはず。酷暑の夏を乗り切るためにも「体の内側からフラットになる」ことを心に留め、ぜひ日々の習慣に取り入れてみてくださいね。

 

 

text:下重佳奈子 Kanako Shimoshige photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年。サップヨガなど多様なレッスンが好評を呼んでいる)

 

 

 

《お知らせ》

 

今回のポーズを監修してくれたTOMOMIさんなどがレッスンしてくれるゼロヨガの人気イベント「サップヨガ」が今年も逗子海岸で開催されます。

 

 

「サップヨガ」はサーフボードよりも大きく浮力の強いボードの上でヨガをするというもの。水上の不安定なボードの上で実践することで、より体幹が鍛えられ、身体全体の引き締め効果を期待できます。開催日程など詳しくはゼロヨガ各店舗までお問合せください。


border