beautyビューティー

使いやすくて肌に優しく快適な新しい生理用品

使いやすくて肌に優しく快適で高コスパ。欧米を中心に話題の新しい“生理用品”って?

Twitter
13
LINEで送る

女性の一生涯の生理の回数はおよそ450回。切っても切れないのが“生理用品”ですが、使いやすくて肌に優しく快適な使用感と三拍子揃ったアイテムに巡り会えないという方が少なくないと思います。そこで注目したいのが、いま欧米を中心に話題になっている生理用品「Menstrual cup(メンストラルカップ)」です。

 

 

 

|「Menstrual cup」は欧米ではすでに常識?!

 

この「Menstrual cup」とは“生理カップ(月経カップ)”のこと。ナプキンやタンポンに替わる新しい生理用品で、タンポンと同じように膣内に挿入して経血をためて使用します。

 

▲鈴のような形状の生理カップ「エヴァカップ」。FDA(アメリカ食品医薬品局)認証されており、最長で12時間使用可能

 

中でも上写真の「エヴァカップ」は、世界の生理カップランキングで常に上位に入っているアイテム。挿入しやすく取り出しやすいので、初めて使用する方でも使いやすいと言われていて、リム(縁)のほどよい厚さと本体のやわらかさによって経血がもれにくく、さらにはナプキンのようなムレ、かゆみ、ニオイも発生しません。また、身体への安全性を第一に考えられていて、素材には哺乳瓶の乳首やコンタクトなどと同じ医療用シリコーン100%を使用されているので、紙ナプキンやタンポンに含まれる化学物質の影響が心配という方も安心して使用できます。

 

 

さらに1回の生理期間中に使用する生理用品の金額は約¥600と言われていますが、生理カップは何回も繰り返し使えるのでコスパも良いという点も魅力。経血量に合わせて使用できるように、サイズ違いで2〜3個揃えておくのがベストと言われています。

 

 

 

|機能性と品質だけでなくデザイン性にこだわった“サニタリーショーツ”にも注目

 

生理中でもいつもと同じようにお洒落を楽しみたいものですが、“サニタリーショーツ”というと「あまりお洒落なものがない」と感じている方も少なくないと思います。そこで注目したいのが、アメリカ・カルフォルニア生まれのサニタリーショーツ「ステインフリー」です。

 

▲サニタリーショーツ「ステインフリー」(右下)

 

まず目が行くのがクールで可愛いスタイリッシュなデザインですが、もちろん機能面も優秀。前後、そしてウエスト部分まで通気性と防水性を兼ね備えた極薄パッドが加工されていて、外側は高機能素材のナイロンとスパンデックスを使用。縫い代も極力薄く仕上げられているので心地よい肌触りとフィット感を感じることができます。

 

 

またデザインのバリエーションも豊富で、シミや汚れが落ちやすい素材のため洗濯の手間を省けるのも嬉しいポイントです。

 

 

このように進化を見せる新しい生理用品を上手に活用すれば、生理期間中を快適に過ごせるだけでなく、今まで「生理期間中だから…」とチャレンジできなかったことにもトライすることも可能になるはず。毎日をさらに充実させるためにもぜひチェックしてみてくださいね。<問:インテグロ株式会社 https://integro.jp


border