columnコラム

元・高級キャバ嬢が明かす好感度upのための3か条

夢の実現のために私が実践したこと。元・高級キャバ嬢が明かす“好感度UP”のための3か条

Twitter
0
LINEで送る

「夢の実現のための第一歩」とワクワクした気持ちでスタートした新生活。でも“新しく人間関係を作っていくこと”、“生活費や学費の工面や貯金などの生活設計”などの悩みが早くも生じてしまって、「やっぱり現実は厳しい…」と感じている方も少なくないと思います。

 

そこで今回は“海外留学”という夢を短期間で実現した高級キャバクラの元キャスト・アヤさんに夢の実現のために実践したことをインタビューしました。

 

 

 

|アヤさんが働いていた高級キャバクラって?

 

アヤさんが働いていたのは容姿端麗なキャストが数多く在籍する東京・銀座の“高級キャバクラ・クラブ”『銀座クラブチック』という有名店。

 

 

 

ゴージャス感たっぷりの空間は数々の映画やドラマの舞台やロケ地となっていることでも知られていて“銀座の中でもTOPクラスの高級キャバクラ・クラブ”と称されています。

 

 

 

アヤさんは大学進学のため上京した1年生の昨年5月からこの『銀座クラブチック』で働き始め、大学2年生となった今年4月から1年間の予定で海外留学がスタートしたばかり。“わずか1年”で夢を現実のものとした秘訣は一体何なのでしょうか?

 

 

 

|目標を“逆算して”立てることが大事

 

そもそもアヤさんが『銀座クラブチック』で働くことになったきっかけは「お給料が良さそうで、週に1〜2日だけ働けば良いかな?」と感じたからだと言います。その理由は「留学資金を貯めるためと英会話の勉強もしたかったから」だそう。

 

上京したての頃は都内のカフェで接客のバイトを始めていたそうですが、実際に働いてみると思っていた以上に「自分の時間が確保できないし稼げない」と感じて、 短い時間で高収入を得られるバイトを探していたときに巡り合ったのが『銀座クラブチック』だったのです。

 

「実は面接のときに1年後には海外留学したいという夢を打ち明けていたのですが、いざ働くことになったときにマネージャーさんが留学までの準備や留学中も余裕のある生活ができるようにと一緒に資金計画を立ててくれたんです」と語ったアヤさん。そのときのマネージャーさんのアドバイスで特に印象に残っているのが「目標を“逆算して”立てることが大事」ということだったと言います。

 

「私が1ヶ月にどれくらいのお給料を貰えばいいのか、そのお給料を貰うためには売上や指名をどれだけ獲得すればいいのかなどの具体的に数字に落とし込んでもらえたので、わかりやすい目標ができて安心できました」。

 

しかしながら最初はその目標を達成するのは難しかったそうで、「自分が変わらないと!」と奮起したアヤさん。そこでキーワードになったのが「好感度をさらにUPさせること」でした。

 

 

 

|アヤさんが実践した“好感度UP”のための3つのこと

 

海外でビジネスをしている方や、接待で来店される海外のVIPが数多く来店し、ますます海外留学に対して意欲が高まっていったというアヤさん。

 

 

一方で「目標を達成させるためにも好感度をもっと上げていかないと…」と同時に焦りもあったと言います。そこでアヤさんが実践するように心がけたことが3つありました。

 

 

(1)自分の得意分野の知識を広げる

 

ファッションが大好きで、将来その仕事をするためにも海外留学の経験は欠かせないと考えていたアヤさん。「幅広い年代の様々な嗜好のお客様と楽しく会話できるようになろう」と決意し、ファッションについては自分が好きなものだけでなく「できるだけジャンルを問わず情報収集をするようにした」と言います。また、自分が知らないことも“素直にお客様の会話の中から学ぶ”ように心がけたそうです。

 

 

(2)相手の話を“聞く”ことを心がけ、自分がその場の主役にならない

 

入店当時「なかなかお客様との会話が続かないというのが悩みだった」というアヤさん。そのときに行ったのが、指名の多い人気キャストの接客の様子を観察すること。「お客様と会話をするときの目線やうなずくタイミングなど、やはり人気キャストの方たちは“話を聞く姿勢”が抜群でとても参考になりました」とのこと。また、「あくまでお客様が主役で、私たちはお客様を主役に引き立てる役目よ」という先輩キャストからの教えを常に心に留め、お客様の洋服や持ち物に興味や関心を示すよう心がけていたそうです。

 

 

(3)同僚やスタッフとの人間関係を良好にする

 

働き始めてすぐに「お客様は意外なところを見ている」と気付いたアヤさん。「お客様が私と会話している中で、ふとお店の雰囲気や他のキャストについて話題になることがあって、お客様に好印象を持ってもらうのはもちろんのこと、同僚やスタッフにも好印象であり続けることが大事なんだと感じたんです」。アヤさんによれば「フリーで入ったお客様の多くは同僚やスタッフの間で人気のキャストというケースが実際多い」のだそうです。

 

 

この3つなら、心がければすぐに取り入れることができそうですよね?! ぜひ好感度をUPさせるための参考にしてみましょう。

 

また、新生活がスタートして夢の実現に対して漠然とした不安を抱き始めた方は、アヤさんのように自分自身を磨きながら夢を叶えた数多くの元キャストを輩出している『銀座クラブチック』に話を直接聞いてみるのもとても参考になるはず。気になる方はぜひ問合せしてみてくださいね。1日体験入店もできるみたいですよ!<問:『銀座クラブチック』 http://www.chick.co.jp/ginza/


border