beautyビューティー

内巻き肩の予防&代謝upに効く簡単習慣

ダイエット効果の出やすい体づくりに◎ 【内巻き肩の予防&代謝UP】に効く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

ダイエットするために食事管理や運動などを毎日頑張っていても「ダイエット効果がイマイチ感じられない…」という方は少なくないと思います。その原因の1つが”内巻き肩”の状態になっていること。それだけで呼吸が浅くなってしまって代謝も上がらない状態になってしまうのです。

 

そこで習慣に取り入れたいのが、内巻き肩の予防に役立ち、さらには体幹まで強化してくれる簡単ストレッチ。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【内巻き肩予防ストレッチ】

 

ダイエットの大敵と言っても過言でない“内巻き肩”の予防には、ローテーターカフ周り(肩甲骨のインナーマッスル)、棘下筋、小円筋と3つの筋肉に同時にアプローチできるストレッチがオススメ。体幹の強化やバストラインの崩れの予防にも効果を期待できます。

 

 

(1)背筋を伸ばして姿勢良く座り、手を後ろに回して腰(ウエスト寄り)に当てる

 

_MG_0559

 

 

(2)肘を逆の手で持ち、体の前方に引き寄せ30秒キープする ※首に力を入れすぎないよう注意してください

 

IMG_1233

 

 

終了したら手を変えて反対側も同様に行い、1日あたり左右各3回を目標に実践しましょう。

 

 

シンプルなストレッチ法ですが実際やってみると肩甲骨周りの動きが良くなり軽さを実感できるようになりますし、内巻き肩の状態が改善され、ダイエット効果の出やすい体へと変化していくはずです。ぜひデコルテや腕など上半身も露出する機会が増える暖かな春に向けて、日々のボディケア習慣の1つに取り入れてみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)


border